岡三オンライン証券のインタビュー記事を公開しました!

インタビューの実施自体は7月頃で編集なども早く終わっていたのですが、公開するのが遅れてしまいました。期待していた方はすいません。

最近、岡三オンライン証券は新規顧客の獲得、特に幅広い層の投資家を集めることに舵取りしています。その為、インタビューのテーマも「アクティブトレーダーだけのものじゃない!」という視点で展開しています。

okasanonlineinteview1

もはやアクティブトレーダーだけのものじゃない!岡三オンライン証券さんに突撃インタビューしてきました!

インタビュー記事は長いですし、やや検閲(笑)も入っていますので、私の感触とまとめに関して少し紹介したいと思います。

岡三オンライン証券
岡三オンライン証券タイアップ

なお、岡三オンライン証券はタイアップキャンペーンで今の口座開設が熱いです!こういったキャンペーンは少なくなっている傾向ですので、是非チェックしてみてください。

・気になるIPOに関して

まず皆さんが気になるIPOに関しては「岡三証券グループの連携」と「地方市場対応」が大きな要素です。2017年7月のIPO取扱拡大発表以降委託幹事になりますが、確実に取扱銘柄が増えました。

IPO引受実績一覧。主幹事・幹事・裏幹事(委託幹事)実績数を掲載

また、戦略として面白いのが岡三オンライン証券はステージ制があり優遇抽選を受けられるのですが、その方法が「プレミアゼロ」「プラチナ」という優遇コースでも適用という点です。その適用条件に「投資信託の平均残高3000万円以上」と他の証券会社のように取引ベースでなく、投信残高ベースなので投信で岡三オンライン証券に預けると自動的にIPO優遇にもなり、信用取引手数料も無料になり、しかも投信の残高を信用の担保にして取引もできます。

一挙三得の技が使えるのが大きいので、投信するなら(または結構保有しているなら)、岡三オンライン証券にまとめるとお得です。しかも岡三オンライン証券は「ZEROファンドプログラム」があるため、投信の買い付け実質0円という強みもあります。

年末に札証上場銘柄が岡三証券主幹事で出ないか?注目ですね。

・岡三RSS

データベース利用派の私にとっては岡三RSSを使えば強みのある取引が出来る気がしているのですが、同じように考えている人が多く上手に使っている人が多いみたいです。

ただ、初心者には取っ掛かりが難しいのが「岡三RSS」。でもよくよくいじってみると面白いことがたくさんできます。もちろん自動売買も出来ます。出来ることが多すぎて、何をしたら良いのか難しいというのが難点ですが、逆に一定の条件でスクリプトが作りやすいです。

「IPO」「株主優待クロス」などデータを取ってうまく戦略立てれないかインタビュー後から模索しています。

・口座を開設したら、毎日の情報集めとしてオリジナルメールレポートが良い

「岡三」といえば情報力ですが、岡三オンライン証券の口座を持っているとメール配信でのレポートが見れます。もちろん無料です。

これがかなり強力にまとめられていて、今の時代「情報が氾濫しすぎ、PR的なニュースや、買い煽り的な記事」などどの情報を参考にするのかも重要で、分かりやすく毎日まとめたものが見れるようにしていると上方にぶれがありません。

速報性ではツイッターに負けますが、そのツイッター分析なども岡三オンライン証券はしているようで、口座開設したらそういった情報入手ツールの部分をよくチェックして欲しいと思います。

岡三オンライン証券
岡三オンライン証券タイアップ

2017年4月から大きな舵取りをしている岡三オンライン証券は注目度が一番大きいです。上記のように他の証券会社にはない特徴も多くありますので、是非そういった部分を活用してほしいですね。

関連しそうな記事

    None Found

2 Responses to “岡三オンライン証券のインタビュー記事を公開しました!”

  1. my20001 より:

    どうもこんばんは。

    総選挙、自公圧勝を受けて、株価・為替がどう動くか、興味深いですね。

    さて、岡三オンライン証券さんは、HPで公開されているように、損益計算書等を拝見する限りは、何年も厳しい状況が続いていると思います。
    8609の株主さんはどう思っているのか、他人事ながら気になります。

    昔からの岡三オンライン証券ファン?としては、黒澤さんの記事を見て、是非使っていただく方が増えるといいなと思っています。

    やはり顧客本位の経営・方針がやはり大切なのかなと思います。
    業界最安値の手数料を提供するとか、何か特徴がないと、一時的な手数料優遇キャンペーンなどだけではなかなか厳しい時代なのかもしれませんね

    • 黒澤 より:

      岡三オンライン証券の苦しい状況は業績見れば分かるので、「結構厳しいよね」という話は各方面でされていると思います。
      今回のインタビューもそうなのですが、2017年4月の経営戦略はかなり気合が入っていて、激戦のネット証券サービス競争へ特徴あるものは結構出しています。

      ただ、「投信ゼロ手数料」「岡三RSS」などすぐに響きにくいものも多いのは事実です。当サイトはIPOに関して多く書いていますが、
      岡三オンライン証券は「投信残高3000万いけたらかなり強力に使える」と思っていますが、果たしてその資金量を置こうという人がどれだけいるかですね。
      それが出来ればIPO優遇、信用手数料無料で、投信の信用代用に使えますので投資効率もいいです。

      ネット証券では手数料と使いやすさで「GMOクリック証券」が5大ネット証券に迫っていますが、(むしろ取引高で勝ってますが)、それに迫る何か特別な施策は欲しいかもしれません。私は「情報の岡三」がもっと分かりやすくアピールできて、さらに手数料も安心の安さなら岡三オンライン証券は頑張れると思っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

IPOデータ

【2017年のIPO戦績】
81戦 72勝9負0分 (勝率88.9%)
▼2016年のIPO上場結果表
92戦 70勝21負1分 (勝率76.1%)
▼IPOスケジュール
トレーダーズ・プレミアム
銘柄分析・初値予想などIPO情報に強い!

株主優待情報

・次回の株主優待権利日は?
権利日:2017年12月31日
権利付き日:2017年12月26日
逆日歩日数:6日
・優待内容簡易チェック
完全版で調べる

オススメ証券会社(抜粋)

掲載証券会社の中から少しだけ紹介
表にあまり表れない信用取引の金利コストなどかなり低コストで頑張っている。IPOは少ないが通常取引を安くするのに最適。特に信用取引に強い
郵政グループIPOでは3銘柄全て当選!主幹事にもなる穴場証券。2016年も主幹事案件豊富で絶好調
使いやすさが抜群の証券会社。IPOは完全平等など初心者・個人投資家に優しい
2016年度 みんなの株式 ネット証券ランキング手数料部門【第1位(4年連続)】2017年IPO取扱開始!
使いやすい取引画面と、格安手数料。株主優待クロス取引にオススメ
ネット証券最大の口座数。手数料争いも常に最低レベル。基本口座に最適。IPOポイント制あり。
比べて分かる業界最安値水準の手数料、2015年上場のIPO引受率44.5%の実績
常に顧客にとって満足の行くサービスを率先して行う。IPOは平等抽選。株主優待にもオススメ
トレーディングツール「マーケットスピード」が大人気、楽天で使えるポイントも貯まる。
三菱UFJグループのネット専業証券会社。ネットでの評価は常に上位。株主優待クロス取り引き必須口座
⇒全証券会社一覧を見る

FX口座情報

FX口座まとめページ
スプレッド幅業界最狭水準!手数料で選ぶなら!1通貨単位から始められる
MT4業界最狭水準スプレッド、コスト重視派が認める約定力、シストレ口座に。
黒澤がFX会社で最初に口座開設をしたところ。初心者が始めるのに分かりやすさでオススメ。
取引ツールの使いやすさNo.1。完璧な約定とスリッページなしで大切な機会を逃さない
楽しい食べ物系キャンペーンが人気の口座。もちろんその他のサービス面も優れているが、やはりキャンペーンにハマる!
⇒全掲載サービス一覧を見る

アーカイブ

プロフィール

黒澤女神像IPOやFX、その他お得な情報などを書いていこうと思います。みんなが見やすいようなブログつくりを目指します。
写真は「黄金の女神像」毎日見ればいいことあるかも?

黒澤の雑誌掲載

稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)
稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)

新興株の評価に参加しました。

【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)
【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)

複数のトレーダーの集計でのランキング、テーマ別で見やすいです。

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]

IPO参考サイトとしてフィスコと並んで掲載されました。

黒澤のIPO当選履歴

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。
2017年 当選銘柄:22銘柄
2017年度、差益+1,741,100円
2016年 当選銘柄:24銘柄
2016年度、差益+1,308,800円
2015年 当選銘柄:43銘柄
【7781 平山 】
SBI証券 (1枚)
+62,800円
2015年度、差益+2,870,500円

※ 差益は取引手数料を考慮していません。
※ 全て初値売りをしたシミュレーションです。裁量配分等、抽選と違う方法で入手した結果は掲載しておりません。

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。

このページの先頭へ