2021年のIPO戦績まとめ、パフォーマンスが悪くなってきているのを実感する一年か?

2021年のIPOに関してのまとめを紹介したいと思います。2022年のIPO戦略に活かせるようにしたいですね。

iponenbetu2021

【IPOサマリー】2001年以降のIPO情報を一覧、グラフ表示

IPOを年別でグラフ表示しているページが見やすいと思います。年ごとのパフォーマンスも簡単に見れますので、サラッと目を通してみると2021年のIPOがどんな年だったか感じ取れそうです。

全体で感じたことは

  • 年間100件突破(126件)と大台突破でIPO件数増加傾向続く
  • 派手な高騰パフォーマンスが消えて、平均騰落率はいよいよ減少傾向
  • IPOの地合いが弱いと嘆くことが多かった印象
  •  

    上記のグラフをみるとちょうど2006年と2021年が似たような年となっているのがなんとも不気味かもしれません。IPOの長期の波を考えると、いよいよ「IPO後退期の入り口」に入っている可能性もありますね。

    IPOが当選しないのは普通、我慢と継続が結果を生む

    2017年に書いた記事ですがIPOを4つの時期に分類しています。

    1.IPO閑散期(相場も厳しい)
    2.IPO回復期
    3.IPO好調期
    4.IPO後退期

    2017年時点では「3」のIPO好調期として状況は良いとしていました。また時に2の時期が一番結果が出やすいとして紹介していますが、2021年時点で、ようやく3を超えて4に入ってくるかもしれません。「4→1」の時期はIPOとしては参加妙味が極端に低い苦しい時期になりますが「2」がその後やってきて、その時期を逃すわけには行きませんので、やはりやることは「我慢と継続」でしょう。

    「継続」が大事というのは、いろいろな分野で言われることですが、継続するためには習慣づけすることが大切です。習慣づけには我慢が必要になってくることもあるでしょう。

    2022年のIPOは引き続き100件以上のIPOがでてくるかもしれません。しかし初値パフォーマンスなどはIPOらしさがでず、あまり儲かる感触がない「我慢の年」になりそうです。2021年はIPOへの魅力を感じなくなった人が増えたのか?IPOブロガーの数も減ったと思います。当方は古参の面子として出来る限り今後も情報提供を続ければと思っております。

    最後に2021年のIPOの全体的なデータ(公開価格対初値ベース)を紹介したいと思います。

    上場数126件 104勝20負2分 勝率82.5% 平均騰落率 155.7%

    最大騰落率銘柄 アピリッツ(474.6%)
    最大利益銘柄 アイ・パートナーズフィナンシャル(676,000円)
    最小騰落率銘柄 Finatextホールディングス (76.7%)
    最大損失銘柄 THECOO(-110,000円)

    データ的に12月IPOの上場ラッシュで初値が悪かったのが目立ってますね。前々から言われていることですが、上場ラッシュはあかん!というのが分かりやすく結果として出ています。

    2022年は、また3月に上場市場再編成まえの駆け込み上場ラッシュが予想されています。すでに2月IPOが複数予定されていますが、出来る限り2月3月に分散して欲しいところです。

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    IPOデータ

    【2022年のIPO戦績】
    43戦 31勝12負0分 (勝率72.1%)
    ▼2021年のIPO上場結果表
    126戦 104勝20負2分 (勝率82.5%)
    IPOスケジュールを詳しく見る

    株主優待情報

    ・次回の株主優待権利日は?
    権利日:2022年08月20日
    権利付き日:2022年08月17日
    逆日歩日数:3日
    ・優待内容簡易チェック
    完全版で調べる

    未来のIPO株を持てる可能性

    特別企画キャンペーン!
    FUNDINNO(ファンディーノ)

    FUNDINNO(ファンディーノ)でエンジェル投資家となって未来のIPO株を買おう!投資家登録でアマゾンギフト1,000円分プレゼント!


    イークラウド

    イークラウド

    大和証券グループと連携の株式投資型クラウドファンディングサービス。


    Unicorn(ユニコーン)

    ユニコーン

    案件には全て株主優待が付くなど、投資家向けに優しいECF。


    株式投資型クラウドファンディング(ECF)リスト

    オススメ証券会社(抜粋)

    掲載証券会社の中から少しだけ紹介
    2017年度 みんなの株式 ネット証券ランキング手数料部門【第1位(5年連続)】2017年IPO取扱開始!
    使いやすい取引画面と、格安手数料。株主優待クロス取引にオススメ
    手数料業界最安水準!取引ツールもFXで培った使いやすさ。さらにIPOも取り扱い!
    使いやすさが抜群の証券会社。IPOは完全平等など初心者・個人投資家に優しい
    トレーディングツール「マーケットスピード」が大人気、楽天で使えるポイントも貯まる。
    国内株式個人取引シェアNo.1。手数料争いも常に最低レベル。基本口座に最適。IPOポイント制あり。
    ⇒全証券会社一覧を見る

    FX口座情報

    FX口座まとめページ
    FXTF MT4で高次元のトレードが可能。多数の「オリジナルインディケータ」を搭載。
    MT4業界最狭水準スプレッド、コスト重視派が認める約定力、シストレ口座に。
    取引ツールの使いやすさNo.1。完璧な約定とスリッページなしで大切な機会を逃さない
    楽しい食べ物系キャンペーンが人気の口座。もちろんその他のサービス面も優れているが、やはりキャンペーンにハマる!
    ⇒全掲載サービス一覧を見る

    アーカイブ

    プロフィール

    黒澤女神像IPOやFX、その他お得な情報などを書いていこうと思います。みんなが見やすいようなブログつくりを目指します。
    写真は「黄金の女神像」毎日見ればいいことあるかも?

    黒澤の雑誌掲載

    稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)
    稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)

    新興株の評価に参加しました。

    【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)
    【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)

    複数のトレーダーの集計でのランキング、テーマ別で見やすいです。

    BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]
    BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]

    IPO参考サイトとしてフィスコと並んで掲載されました。

    黒澤のIPO当選履歴

    【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
    ↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。
    2022年 当選銘柄:6銘柄
    【5031 モイ 】
    SBI証券 (1枚)
    +43,200円
    2022年度、差益+264,600円
    2021年 当選銘柄:19銘柄
    【4178 Sharing 】
    SBI証券 (3枚)
    +540,000円
    2021年度、差益+901,400円

    ※ 差益は取引手数料を考慮していません。
    ※ 全て初値売りをしたシミュレーションです。裁量配分等、抽選と違う方法で入手した結果は掲載しておりません。

    【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
    ↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。

    アーカイブ

    このページの先頭へ