【2022年12月IPO】BBラッシュ始まる!仮条件強気が多い

2022年12月のIPOのブックビルラッシュが始まっております。BBスタンスは仮条件発表後に随時更新してツイッターの方で短評を交えて紹介していますが、週末ということで全体の雑感を少し書いておきたいと思います。 

IPO初値予想、読者予想の結果と投票所

20221204_kaobure

今年の12月IPOラッシュは13日から29日までで25件になりました。

202212ipocalendar

【IPOカレンダー・一覧表】騰落率、損益、その後の値動きなどチェックに

リスト表記ではなくカレンダー表記のページを見るとスケジュール感覚が掴みやすいかもしれません。日毎の合算した吸収金額も載せています。ちなみに去年が散々だったという記憶の人も多いでしょう。カレンダーページではすぐに昨年度のページヘも行けますので確認すると良いでしょう。

202112ipocalendar

このページでも対比の意味で載せておきますが、昨年度のほうが過密感が酷かったですね。最大7社同時上場の戦慄のクリスマスイブでした。あと日毎の吸収金額も桁が一つ違う感じです。上場ラッシュ(15日から)で上場件数は31件(うち1件中止)ですね。

去年の12月のIPOラッシュからどうもIPOの地合いが急悪化したという記憶が強いので、昨年度の状況と比較しておくのは大切でしょう。昨年いくらべると今年は緩やかに収まっていると感じます

  • 現状は仮条件が全て強気状態

12月のIPOのBBがスタートしていますが、13件の仮条件が既に発表されています。その仮条件全てが上限で想定価格を上回る設定になっています。このところIPOの初値を見ていても地合いが回復基調で、この流れだと仕方のないところかもしれません。

明日から残り12件の仮条件発表もありますが、今の状況ですと仮条件はやや強気が増えそうです。ここで怖いのは高く買わされて、いざ上場日に地合いが悪くなって梯子外しの状況ですね。慎重に行きたいところですが、過去のデータからも仮条件強気は初値にとって悪いことではありません。特に大型案件や海外配分もあるではBB時の需要がしっかりあることが確認されないと強気にならないので、好感触と言えそうです。

それでも、これだけの数のIPOが強気でスタートすると、うまくいかない銘柄もいくつかは出てくると思います。それをズバリ的中させるのは至難の業ですが、個人的な評価ではC級評価でも4点と5点に分けていて少し差を付けています。強気にB級にした銘柄に関しては初値は割れないで欲しいと思っていますが、昨年12月から何度かミスジャッジしていますので、BBスタンスの内容をよく読んで評価のところで引っかかる部分がある場合はパスしても良さそうです。

  • IPOジャンキーにならないこと、忙しい時期は焦らない

私はIPOブロガーで参加姿勢が強いので、どうしても微妙銘柄でも参加姿勢になってしまいます。「ギャンブルは参加しなければ負けはない」という格言がありますが、IPOラッシュ時の公募参加やややギャンブル面が強くなります。IPO公募参加はかなり期待値の高い事象ですが、12月のような過密スケジュール時は期待値がかなり下がっていると見たほうが良いでしょう。

期待値が下がっているのに勝負があるなら参加したいとなるのはギャンブル中毒です。人間は参加欲みたいなものがあると思いますので、ついつい手を出してしまうことが多く私も精神的に鍛えないといけないし経験を通して自分を律することも大事でしょう。IPOだけにこだわり続けずに広い目で見ると良いかもしれません。

ジャンル : 倫理学
価格 : 921円(送料込/税料込)クレカ対応
レビュー : 4.35/5(55件)

IPOでもチーズはどこへ消えた?的な現象を感じ取れますので、さくさく次へ進める精神ぐらいが良いですね。

後は公募割れしても引きづらないで、全体を通した期待値があると見て悩まず全部参加出たとこ勝負で戦っても案外勝てることが多いです。B級銘柄まで勝負、C級銘柄まで、5点評価以上は参加とかザクッと区切ってしまっても良いかもしれませんね。

私は全銘柄BBスタンスを考えているので、初値が出たところでセカンダリー参戦への参考に自分のページがなればとも思っています。セカンダリーも自分が好きなタイプの攻め方がそれぞれあると思います。長年IPOを見ていると勝てるパターンをいくつか探すこと出来ると思います(IPOセカンダリーは激しいのでいつも勝つでなく、総合して勝つ確率高いで攻めてください)。


今年の12月IPOは新規承認時から「ダウンラウンド上場(前回の資金調達から株価評価を落としている状態)」がいくつかあり話題となっています。公募組としては安く参加できてラッキーと言えるかも知れませんが、今の地合い回復を受けて、少しでも高い公開価格にしようとしてくるでしょう。

もともと評価を落としている理由があって価格が安いので、ぬか喜びせずに参加したいですね。12月の駆け込み上場にダウンラウンド上場が多いのは、翌年以降のIPO市場への不安も出てきますね。駆け込まないと苦しいスタートアップ界隈になっているのかもしれません。

黒澤が保有している全証券会社28社の特徴と感想を随時更新

昨年よりは今年のほうが12月IPOラッシュも状況が良いと思っていますが、今のIPO地合い回復基調が続いて上場ラッシュに突入して欲しいところです。うまく参加できるといいですね!

コメントを残す

サブコンテンツ

IPOデータ

【2022年のIPO戦績】
91戦 72勝18負1分 (勝率79.1%)
▼2021年のIPO上場結果表
126戦 104勝20負2分 (勝率82.5%)
IPOスケジュールを詳しく見る

株主優待情報

・次回の株主優待権利日は?
権利日:2023年02月20日
権利付き日:2023年02月16日
逆日歩日数:1日
・優待内容簡易チェック
完全版で調べる

未来のIPO株を持てる可能性

特別企画キャンペーン!
FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNO(ファンディーノ)でエンジェル投資家となって未来のIPO株を買おう!投資家登録でアマゾンギフト1,000円分プレゼント!


イークラウド

イークラウド

大和証券グループと連携の株式投資型クラウドファンディングサービス。新規登録でアマゾンギフト1,000円分プレゼント!


Unicorn(ユニコーン)

ユニコーン

案件には全て株主優待が付くなど、投資家向けに優しいECF。


株式投資型クラウドファンディング(ECF)リスト

オススメ証券会社(抜粋)

掲載証券会社の中から少しだけ紹介
2017年度 みんなの株式 ネット証券ランキング手数料部門【第1位(5年連続)】2017年IPO取扱開始!
使いやすい取引画面と、格安手数料。株主優待クロス取引にオススメ
手数料業界最安水準!取引ツールもFXで培った使いやすさ。さらにIPOも取り扱い!
使いやすさが抜群の証券会社。IPOは完全平等など初心者・個人投資家に優しい
トレーディングツール「マーケットスピード」が大人気、楽天で使えるポイントも貯まる。
国内株式個人取引シェアNo.1。手数料争いも常に最低レベル。基本口座に最適。IPOポイント制あり。
⇒全証券会社一覧を見る

FX口座情報

FX口座まとめページ
FXTF MT4で高次元のトレードが可能。多数の「オリジナルインディケータ」を搭載。
MT4業界最狭水準スプレッド、コスト重視派が認める約定力、シストレ口座に。
取引ツールの使いやすさNo.1。完璧な約定とスリッページなしで大切な機会を逃さない
楽しい食べ物系キャンペーンが人気の口座。もちろんその他のサービス面も優れているが、やはりキャンペーンにハマる!
⇒全掲載サービス一覧を見る

アーカイブ

プロフィール

黒澤女神像IPOやFX、その他お得な情報などを書いていこうと思います。みんなが見やすいようなブログつくりを目指します。
写真は「黄金の女神像」毎日見ればいいことあるかも?

黒澤の雑誌掲載

稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)
稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)

新興株の評価に参加しました。

【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)
【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)

複数のトレーダーの集計でのランキング、テーマ別で見やすいです。

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]

IPO参考サイトとしてフィスコと並んで掲載されました。

黒澤のIPO当選履歴

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。
2023年 当選銘柄:0銘柄
2023年度、差益0円
2022年 当選銘柄:20銘柄
【5031 モイ 】
SBI証券 (1枚)
+43,200円
2022年度、差益+582,600円
2021年 当選銘柄:19銘柄
【4178 Sharing 】
SBI証券 (3枚)
+540,000円
2021年度、差益+901,400円

※ 差益は取引手数料を考慮していません。
※ 全て初値売りをしたシミュレーションです。裁量配分等、抽選と違う方法で入手した結果は掲載しておりません。

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。

アーカイブ

このページの先頭へ