【タイアップ限定】 新規1回以上取引でAmazonギフト券10,000円分の最強キャンペーン!

【注意】 限定キャンペーン申込は必ずタイアップリンクから申込ください。

複数の金融機関を一気に確認するアグリゲーションサービス、マネーフォワード

IPOや株主優待を含め、いろいろな投資法をしていると複数の口座にバラバラに自分の資金が行き来しますので管理が大変です。

私は今までマネールックを使ってきましたが、セキュリティの強さはいいのですがサービスの質の向上を使用という気が今はあまりないのか?ちょっと使いにくいと感じる部分も多々ありました。

今はiPhoneアプリなどで多くのアグリゲーションサービスが出ているようですが、最有力と感じたのがマネーフォワードだったので紹介します。

アカウントアグリゲーションならマネーフォワード

基本的な、金融口座(銀行)、証券会社、FXやクレジットカードまで登録できますのでスムーズに自分の資産の状況を確認できます。

いいなと思うのが各証券会社に散らばっている株式の状況が一気に見れます。
(私の場合、複数口座でみなし口座回避のための株があって一気に見たい要望があります。)

とりあえずマネールックより使いやすいと感じたので、マネールックを使っていたけどChrome使えない、取得に時間が掛かるという人や、複数口座の管理が上手く出来ていない人は試してみてください。

マネールックとの主だった部分での違いを書いてみます。

・セキュリティ面

マネールックではログインIDやパスワード等はパソコン側に保存でした。ログインが面倒だったのですがセキュリティ面では安心感がありました。

マネーフォワードは最近のアグリゲーションサービスに多い、サーバー側に金融機関のログインIDとパスワードを預ける形です。セキュリティ面では安全性を謳っていますが、少し不安な部分もあります。

しかし預かる情報は金融機関の確認画面までということなので、不正アクセスが発覚してもそこまでの影響と言えます。(一部、新生銀行のように全部必要な物は登録しないなど個人での対策が必要かもしれません)

・情報取得がログイン後、が常時か?

マネールックはログインしてから最新情報に一気にするので時間がかかりました。一方、マネーフォワードは自動的に随時、情報を取りに行っているので資金の動きがかなり見やすいです。

ScreenShot00301
入出金情報が全ての金融機関で並ぶと管理がしやすいと思いました。

ScreenShot00302

いろいろな証券会社の持ち株情報も一覧で確認できます。

現時点ではセキュリティ面で絶対に安心とは言い切れない分、登録しても良い金融口座を自分で判断して使う形になりそうです。

ただ使うとかなり便利でオススメできると思います。特にIPOや株主優待、またFXなどで資金移動が多い人には本当に助かります。

アカウントアグリゲーションならマネーフォワード

外にもいろいろとチェックしてみましたが、現時点でマネーフォワードに満足して落ち着いています。

家計簿ソフトとしての機能もあるようですが、私はそこまでマメでないので^^;

もっとオススメがあるよ!とかあれば是非コメント頂ければありがたいです。

関連しそうな記事

5 Responses to “複数の金融機関を一気に確認するアグリゲーションサービス、マネーフォワード”

  1. ときとえす より:

    はじめまして。 ときとえすです。

    私はマネールックとOCN家計簿とマネックス証券のマネックスワンを利用しています。マネールックはスマホで使えないのが不便です。口座にいくらあるかすぐ知りたいときはOCN家計簿でチェックしています。OCN家計簿のパスワードが流出してからは自動ログインできなくなり、とても使いづらくなりました。

    マネーフォワードは自動ログインできないので不便だなと感じています。ただ、最新の資産一覧を見るには便利ですよね。

    あと、興味あるのが人生家計簿です。ソニー銀行の口座が必要みたいなので気軽につくれませんが、私もOCN家計簿に変わる家計簿を探しています。特にGMO証券に自動ログインができる家計簿があればうれしいのですが。

    楽天でも家計簿をやっていましたが(名前は忘れました)、マネックスワンとほとんど同じでした。

    すべて無料なだけあって、一長一短だと思います。どれかひとつ選ぶとしたら、パソコンでもスマホでも使えるセキュリティ万全?みずほ証券も自動ログインできるマネックス証券のマネックスワンが一位です。

    いつもIPOのときに参考にしております。この場を借りてお礼申し上げます。私の興味分野でしたので、少しでもお役に立てれば幸いです。

  2. 黒澤 より:

    ときとえすさん、コメントありがとうございます。

    マネックス証券のマネックスワンは手軽に自動ログイン出来る部分がいいですね。

    ただ私の場合は自動ログインは、パスワード管理ソフト側で結構簡単にできているので、なくても良い機能だったのでみやすいマネーフォワードが押しとしました。新しいサービスなので勢いが違うなと感じています。

    アグリゲーションサービスは結構、やる気のない?サービスが多いのでデファクトスタンダードになってほしいと思っています。

    「一長一短」という言葉がぴったし来ますね。それぞれの仕組みを比較して、もしかしたら分かりやすくまとめた表でも作ってみようかと思います。

    IPOの情報を参考にして頂きありがとうございます。
    ときとえすさんのブログ見ました。私の半分のタイムでマラソン完走してますね!(驚)

  3. […] 複数の金融機関を一気に確認するアグリゲーションサービス、マネーフォワード […]

  4. […] 複数の金融機関を一気に確認するアグリゲーションサービス、マネーフォワード […]

  5. […] 複数の金融機関を一気に確認するアグリゲーションサービス、マネーフォワード […]

コメントを残す

サブコンテンツ

IPOデータ

【2017年のIPO戦績】
34戦 29勝5負0分 (勝率85.3%)
▼2016年のIPO上場結果表
92戦 70勝21負1分 (勝率76.1%)
▼IPOスケジュール
トレーダーズ・プレミアム
銘柄分析・初値予想などIPO情報に強い!

株主優待情報

・次回の株主優待権利日は?
権利日:2017年06月20日
権利付き日:2017年06月15日
逆日歩日数:1日
・優待内容簡易チェック
完全版で調べる

オススメ証券会社(抜粋)

掲載証券会社の中から少しだけ紹介
表にあまり表れない信用取引の金利コストなどかなり低コストで頑張っている。IPOは少ないが通常取引を安くするのに最適。特に信用取引に強い
郵政グループIPOでは3銘柄全て当選!主幹事にもなる穴場証券。2016年も主幹事案件豊富で絶好調
2016年度 みんなの株式 ネット証券ランキング手数料部門【第1位(4年連続)】2017年IPO取扱開始!
使いやすい取引画面と、格安手数料。株主優待クロス取引にオススメ
ネット証券最大の口座数。手数料争いも常に最低レベル。基本口座に最適。IPOはポイント制。
比べて分かる業界最安値水準の手数料、2015年上場のIPO引受率44.5%の実績
常に顧客にとって満足の行くサービスを率先して行う。IPOは平等抽選。株主優待にもオススメ
トレーディングツール「マーケットスピード」が大人気、楽天で使えるポイントも貯まる。
三菱UFJグループのネット専業証券会社。ネットでの評価は常に上位。株主優待クロス取り引き必須口座
使いやすさが抜群の証券会社。IPOは完全平等など初心者・個人投資家に優しい
⇒全証券会社一覧を見る

FX口座情報

FX口座まとめページ
スプレッド幅業界最狭水準!手数料で選ぶなら!1通貨単位から始められ、口座開設時に500円貰える
MT4業界最狭水準スプレッド、コスト重視派が認める約定力、シストレ口座に。
黒澤がFX会社で最初に口座開設をしたところ。初心者が始めるのに分かりやすさでオススメ。
取引ツールの使いやすさNo.1。完璧な約定とスリッページなしで大切な機会を逃さない
楽しい食べ物系キャンペーンが人気の口座。もちろんその他のサービス面も優れているが、やはりキャンペーンにハマる!
特許取得のトラリピが使えるのはここだけ。低レバレッジのほったらかし口座に最適
⇒全掲載サービス一覧を見る

アーカイブ

プロフィール

黒澤女神像IPOやFX、その他お得な情報などを書いていこうと思います。みんなが見やすいようなブログつくりを目指します。
写真は「黄金の女神像」毎日見ればいいことあるかも?

黒澤の雑誌掲載

稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)
稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)

新興株の評価に参加しました。

【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)
【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)

複数のトレーダーの集計でのランキング、テーマ別で見やすいです。

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]

IPO参考サイトとしてフィスコと並んで掲載されました。

黒澤のIPO当選履歴

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。
2017年 当選銘柄:10銘柄
2017年度、差益+232,000円
2016年 当選銘柄:24銘柄
2016年度、差益+1,308,800円
2015年 当選銘柄:43銘柄
【7781 平山 】
SBI証券 (1枚)
+62,800円
2015年度、差益+2,870,500円

※ 差益は取引手数料を考慮していません。
※ 全て初値売りをしたシミュレーションです。裁量配分等、抽選と違う方法で入手した結果は掲載しておりません。

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。

このページの先頭へ