東証より「IPO等に関する見直しの方針について」という発表!

2022年8月24日に東京証券取引所から「IPO等に関する見直しの方針について」というタイトルでIPOに関する情報がリリースされました。IPOに関する変更ですので紹介したいと思います。

jpx_ipominaoshi1

こういう見直しが進んで、IPOがスムーズに、そして多くの方(上場会社・取引所や証券会社・投資家)が恩恵を受けられるような形になって欲しいですね。

結構、多岐にわたる内容が書かれていましたので一つずつ追ってみたいと思います。

1.ディープテック企業に関する上場審査

jpx_ipominaoshi2

1つ目はディープテックに分類される「宇宙・素材・バイオ・ロボ」などあまりに新技術過ぎて現時点での企業価値と将来の企業価値の評価が困難なものについてです。取引所として上場承認するにあたり評価が難しいので、機関投資家(VCなど)から中長期的に投資を受けているのであれば、それらの機関投資家の評価を活用することで、ディープテック企業のIPOを円滑に行うというのが主旨ですね。

今後、ちょっと評価が不透明と思われる企業のIPOが出てくる可能性があります。こういうのは積極的に進めて欲しいところです。

2.IPOプロセス(上場日程の設定等)

これは結構大きな内容です。

jpx_ipominaoshi3

1つ目は新規承認から上場日までの柔軟性が書かれています。

  • 上場承認時は上場予定日をレンジ記載が可能
  • 公開価格決定まで想定株価を届出書に記載しないことが可能
  • 承認後に上場予定日の変更が可能

スケジュールと価格面でかなり柔軟に上場承認後に変えることが出来ます。これによって後に出てきますが、3月や12月にIPOが集中することが防げるという仕組みになっています。また想定株価を入軟性を持たせることで公開価格も上げたり下げたり出来ますね。ここ最近は想定価格と仮条件の異常な乖離も複数銘柄で見られているので、最初から柔軟に行こうという考えでしょうか?

上場予定日は過密スケジュールの中でも数字ずらしたほうが資金の集まりが良いこともありますからレンジはありでしょう。恐らく分売や公募みたいにレンジ設定するけど、殆どが予定初日に上場というパターンになるかもしれません。

3.ダイレクトリスティング

いわゆる直接上場と言われる手法ですね。グロース市場では現在、公募の実施を要件としているようです。海外のユニコーン企業などグロースで知名度高く人気がありそうな企業ならば日本でもというところでしょうか?

資料に載っていますが日本では1999年4月に杏林製薬がダイレクトリスティングで上場して以来実施されていないようです。

グロース上場での公募の実施というのを外すということをしそうですが、その場合の企業価値の要件を付けてきそうですね。これは私達としては今後グロース市場にダイレクトリスティングで上場できるようになったとしても、出てきた企業次第ですね。

4.引受証券会社の新規参入

shukanjigraph

これは、あれですかね。今までの大手証券会社だけ、大手監査法人だけではIPO業務がうまく進まなくなってきているということでしょうか?今後も旧来のIPO主幹事以外にも頑張って欲しいところですが、そういうところのIPOって初値結果が伴わなかったり、上場後いまいち伸びないというのをよく見ているのでなんとも言えないです。

5.スピンオフを行う場合の当事会社の新規上場

スピンオフ上場では最近はコシダカからスピンオフしたカーブスがありました。

jpx_ipominaoshi4

カーブスの上場はコロナ禍という特殊な状況でしたが、IPOのスタイルは色々あったほうが面白いと思います。少なくとも適正なIPOプレミアムディスカウントがあって参加者に受益がある形であれば嬉しいですね。


その他では「SPAC」「グロース市場におけるM&A」「地域発企業のIPO」「海外クロスボーダー企業のIPO」「特定投資家」「初値形成」「入札制度」などいろいろ検討してますよと書かれています。

今までも話題になっていた「公開価格」についても最後の方につらつら書かれています・・・。なんだか、諸外国の上場市場に比べて日本のIPOは規模が小さく起業家にとって魅力が薄い問題、証券業界にもっと競争を促して公開価格を吊り上げたい意志が見えていますね。

IPOファンからすると、最近は公募割れも多いし、何よりも上場後数年経ったら初値割れはもちろん、公開価格割れもたくさんある状況が今の日本の取引所です。

【IPO結果一覧】上昇率、損益、その後の値動きなどチェックに(分析版)

データで見るとIPO初値(プライマリー)プレミアムと、上場日から数日の流動性の高い時のマネーゲームぐらいしか魅力がない状態というのが問題だと思いますので、中長期ベースでの上場会社としての魅力をアピールするなら公開価格が高すぎるのは、投資家が相手にしないことになり、ますますIPO市場は盛り上がらなくなると思うのは私だけでしょうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

IPOデータ

【2022年のIPO戦績】
52戦 40勝12負0分 (勝率76.9%)
▼2021年のIPO上場結果表
126戦 104勝20負2分 (勝率82.5%)
IPOスケジュールを詳しく見る

株主優待情報

・次回の株主優待権利日は?
権利日:2022年10月20日
権利付き日:2022年10月18日
逆日歩日数:1日
・優待内容簡易チェック
完全版で調べる

未来のIPO株を持てる可能性

特別企画キャンペーン!
FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNO(ファンディーノ)でエンジェル投資家となって未来のIPO株を買おう!投資家登録でアマゾンギフト1,000円分プレゼント!


イークラウド

イークラウド

大和証券グループと連携の株式投資型クラウドファンディングサービス。


Unicorn(ユニコーン)

ユニコーン

案件には全て株主優待が付くなど、投資家向けに優しいECF。


株式投資型クラウドファンディング(ECF)リスト

オススメ証券会社(抜粋)

掲載証券会社の中から少しだけ紹介
2017年度 みんなの株式 ネット証券ランキング手数料部門【第1位(5年連続)】2017年IPO取扱開始!
使いやすい取引画面と、格安手数料。株主優待クロス取引にオススメ
手数料業界最安水準!取引ツールもFXで培った使いやすさ。さらにIPOも取り扱い!
使いやすさが抜群の証券会社。IPOは完全平等など初心者・個人投資家に優しい
トレーディングツール「マーケットスピード」が大人気、楽天で使えるポイントも貯まる。
国内株式個人取引シェアNo.1。手数料争いも常に最低レベル。基本口座に最適。IPOポイント制あり。
⇒全証券会社一覧を見る

FX口座情報

FX口座まとめページ
FXTF MT4で高次元のトレードが可能。多数の「オリジナルインディケータ」を搭載。
MT4業界最狭水準スプレッド、コスト重視派が認める約定力、シストレ口座に。
取引ツールの使いやすさNo.1。完璧な約定とスリッページなしで大切な機会を逃さない
楽しい食べ物系キャンペーンが人気の口座。もちろんその他のサービス面も優れているが、やはりキャンペーンにハマる!
⇒全掲載サービス一覧を見る

アーカイブ

プロフィール

黒澤女神像IPOやFX、その他お得な情報などを書いていこうと思います。みんなが見やすいようなブログつくりを目指します。
写真は「黄金の女神像」毎日見ればいいことあるかも?

黒澤の雑誌掲載

稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)
稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)

新興株の評価に参加しました。

【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)
【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)

複数のトレーダーの集計でのランキング、テーマ別で見やすいです。

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]

IPO参考サイトとしてフィスコと並んで掲載されました。

黒澤のIPO当選履歴

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。
2022年 当選銘柄:7銘柄
【5031 モイ 】
SBI証券 (1枚)
+43,200円
2022年度、差益+279,600円
2021年 当選銘柄:19銘柄
【4178 Sharing 】
SBI証券 (3枚)
+540,000円
2021年度、差益+901,400円

※ 差益は取引手数料を考慮していません。
※ 全て初値売りをしたシミュレーションです。裁量配分等、抽選と違う方法で入手した結果は掲載しておりません。

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。

アーカイブ

このページの先頭へ