SBI証券、SBIネオモバイル証券、SBIネオトレード証券の3つのネット証券の違いや特徴

2021年にライブスター証券がSBIネオトレード証券と商号変更、本格的にSBIグループの証券会社としてスタートしました。これで「SBI」と冠のつくネット証券が3社もここ最近で存在することになるので少し違いや特徴を見ておきたいと思います。

sbigroup3

SBIグループ企業一覧というSBIHDのホームページに載っている情報を確認すると、実にたくさんのグループ企業をSBIHDは持っています。その中で、個人が証券取引が出来る証券会社が上記の3つという位置づけです。

またそれぞれの証券会社に関して概要も載せていますので、それプラス使用感やメリット・デメリットを付け加えて特徴を見ていきましょう。


SBI証券

「口座数・シェア業界トップのオンライン総合証券」

オンライン総合証券として業界トップの地位を築いてきたというのが特徴です。そのため、SBI証券の口座を持てば何でも出来るというサービス姿勢です。IPO・POの引受業務でも店頭を持つ総合証券に匹敵する取り扱いというのが自慢でしょうか?

とにかく総合力で勝負しているので、細々とした特徴で他社と競うには別の証券会社を用意してサービスを展開するほうが戦いやすいとみて、3つの証券会社に分けてサービス展開しているところがあります。

そのためTポイントが投資に使えるなどありますが、SBI証券では投資信託購入への充当のみとなっていて、SBIネオモバイル証券に株が買える部分は分けるなど、新サービスへ分けてあげている部分もありますね。

IPOの配分をSBIネオモバイル証券SBIネオトレード証券に割り当てて餌付けしているのもそういったところです。逆に言うと、そこが他のネット証券から見ると弱みになりやすいので、SBI証券を利用する人は弱みの部分を補完する上で、他の2社の口座を持っておくと良い形になります。

SBI証券の強み・・・総合力No.1のネット証券最大手、手数料なども競い合う

SBI証券の弱み・・・特化戦略をグループ他社に譲るのでそこが弱みになる。


SBIネオモバイル証券
SBIネオモバイル証券 口座開設

「若年層・投資初心者も親しみやすい、スマートフォンで出来る「Tポイント投資」を提供」

SBIネオモバイル証券はターゲットが今のトレンドの若年層・投資初心者・スマホから投資といった部分に攻めています。

「端株投資」「サブスク月額利用料体型」「IPOはひとかぶIPO」など、少額取引を頻繁にして投資に慣れ親しむには良い環境です。

一方、すでに投資を良くしている人にとっては強みと感じる部分が少なく、逆に取引しづらい環境(スマホに適しているため使い勝手に制限など)と思ってしまう方が多いかもしれません。現状だと端株取引を頻繁に行う予定ならといったところでしょうか?

Tポイントで株を買いたいという場合も今はSBIネオモバイル証券を使うしか手がありません。

SBIネオモバイル証券の強み・・・少額取引に強みがある。端株投資など

SBIネオモバイル証券の弱み・・・月額利用料なので、利用しないと手数料で損


SBIネオトレード証券

「投資経験者をターゲットとしたオンライン証券」

SBIネオトレード証券はもとライブスター証券ですしSBIグループとしては最後の登場で前2つの証券会社と別の特徴でシナジー効果を生む必要があります。ということで投資経験者をターゲットにし、とにかく業界最低水準の手数料体系を目指しています

すでに投資を経験済みでとにかく取引コストを下げたい方にはピッタリの証券会社になっていきそうです。取引手数料無料化が証券業界全体の流れですが、信用取引の金利コストなどが逆に表に負担になるコストとして見えてきていますので、そこに舵取りしそうなのは注目ですね。

SBIネオトレード証券の強み・・・とにかく手数料部門で負けないサービス体系になりそう、SBIグルーになってIPOの融通が増える

SBIネオトレード証券の弱み・・・逆に言えば手数料とSBIグループという部分以外は特徴にかけてしまう。


特にSBIネオモバイル証券SBIネオトレード証券は「SBIネオ」というところまで名前が同じです社名では特徴がよくわかりません。SBIネオモバイル証券は「初心者向けで少額頻繁取引」、SBIネオトレード証券は「経験者向けで他のサービスを削って取引コスト特化」と見ておくとわかりやすく、後は「SBI」の冠を全て持っていることからIPOの強みは全証券会社で発揮しそうと考えておきたいですね。

個人的にはSBIネオモバイル証券がこれまで投資をしてきた方には一番クセがあるなぁと思っています。逆に言うと、これから投資しようとしている方にはSBIネオトレード証券の何が良いのか分からないという人が多いのかもしれませんね。

IPO取扱銘柄数業界トップ水準、ダイレクト口座信用取引は取引手数料無料!

株取引キャンペーン実施中!うまく活用しよう!

コメントを残す

サブコンテンツ

IPOデータ

【2021年のIPO戦績】
4戦 4勝0負0分 (勝率100.0%)
▼2020年のIPO上場結果表
94戦 70勝23負1分 (勝率74.5%)
▼IPOスケジュール
トレーダーズ・プレミアム
銘柄分析・初値予想などIPO情報に強い!

未来のIPO株を持てる可能性

コラボキャンペーン!
FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNO(ファンディーノ)でエンジェル投資家となって未来のIPO株を買おう!投資家登録でアマゾンギフト1,000円分プレゼント!


エンジェル投資家デビューキャンペーン実施中!投資家登録でアマゾンギフト1,000円分プレゼント!さらに「angel02」をキャンペーンコードとして入力すれば追加500円分!(キャンペーン期間:2021/2/1〜2021/2/28)サイト限定ですので、当方のサイトのリンクから申込ください。


イークラウド

イークラウド

大和証券グループと連携の株式投資型クラウドファンディングサービス


株式投資型クラウドファンディング(ECF)リスト

株主優待情報

・次回の株主優待権利日は?
権利日:2021年03月15日
権利付き日:2021年03月11日
逆日歩日数:1日
・優待内容簡易チェック
完全版で調べる

オススメ証券会社(抜粋)

掲載証券会社の中から少しだけ紹介
郵政グループIPOでは3銘柄全て当選!主幹事にもなる穴場証券。2016年も主幹事案件豊富で絶好調
2017年度 みんなの株式 ネット証券ランキング手数料部門【第1位(5年連続)】2017年IPO取扱開始!
使いやすい取引画面と、格安手数料。株主優待クロス取引にオススメ
ネット証券最大の口座数。手数料争いも常に最低レベル。基本口座に最適。IPOポイント制あり。
手数料業界最安水準!取引ツールもFXで培った使いやすさ。さらにIPOも取り扱い!
使いやすさが抜群の証券会社。IPOは完全平等など初心者・個人投資家に優しい
表にあまり表れない信用取引の金利コストなどかなり低コストで頑張っている。IPOは少ないが通常取引を安くするのに最適。特に信用取引に強い
トレーディングツール「マーケットスピード」が大人気、楽天で使えるポイントも貯まる。
⇒全証券会社一覧を見る

FX口座情報

FX口座まとめページ
FXTF MT4で高次元のトレードが可能。多数の「オリジナルインディケータ」を搭載。
MT4業界最狭水準スプレッド、コスト重視派が認める約定力、シストレ口座に。
取引ツールの使いやすさNo.1。完璧な約定とスリッページなしで大切な機会を逃さない
楽しい食べ物系キャンペーンが人気の口座。もちろんその他のサービス面も優れているが、やはりキャンペーンにハマる!
⇒全掲載サービス一覧を見る

アーカイブ

プロフィール

黒澤女神像IPOやFX、その他お得な情報などを書いていこうと思います。みんなが見やすいようなブログつくりを目指します。
写真は「黄金の女神像」毎日見ればいいことあるかも?

黒澤の雑誌掲載

稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)
稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)

新興株の評価に参加しました。

【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)
【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)

複数のトレーダーの集計でのランキング、テーマ別で見やすいです。

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]

IPO参考サイトとしてフィスコと並んで掲載されました。

黒澤のIPO当選履歴

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。
2021年 当選銘柄:2銘柄
2021年度、差益+120,200円
2020年 当選銘柄:17銘柄
2020年度、差益+2,389,000円
2019年 当選銘柄:16銘柄
2019年度、差益+809,000円

※ 差益は取引手数料を考慮していません。
※ 全て初値売りをしたシミュレーションです。裁量配分等、抽選と違う方法で入手した結果は掲載しておりません。

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。

アーカイブ

このページの先頭へ