auカブコム証券の手数料大改造スタート!API経由なら信用手数料完全無料で使える!

いよいよauカブコム証券の手数料大改造が始まります。2021年7月19日(月)約定分から開始ですので、本日スタートということになりますね。

auカブコム証券 口座開設

「2021年7月」auカブコム証券が株式サービス大改造!変更内容を総チェック!

2019年12月の手数料変更から1年半で見直した改造サービスになりますので、期待度が高いです。

大きな注目点としては

  • 現引現渡手数料の撤廃、ワンショットと定額制手数料の導入
  • 一般信用短期売り→一般信用長期(プレミアム料付)への変更

です。早速、auカブコム証券が今後使える証券会社として見れるか当方のデータベース系の修正を行っています。確認作業なども含めて今週中には紹介できればと思っています。

aukabucomcrosscost

クロスコスト計算ページなどの変更では、各証券会社との比較でもかなり手数料面で勝負になる(使える)という判断になりそうです。

狙い目の一つは「kabuステーションAPI」からの取引は引き続き信用取引手数料無料のようですので、こちらを経由すれば信用取引手数料は無料と考えていいでしょう。

kabucomapi

「kabuステーションAPI」を活用しようという人が増えそうです。

kabucomapifee

サービスの説明でも「信用取引手数料無料」「一般信用売建銘柄」に関して言及していて、明らかに株主優待クロス取引に使ってくださいといっているようなものです。

kabuステーションAPIの利用条件

kabuステーションのAPI機能を使うにはkabuステーションの「Fintechプラン」である必要があります。フル板表示機能も「Fintechプラン」からですので、このプランの条件適用をしておく必要があります。

  • 信用口座開設(これで通常プラン)
  • 前月に約定1回以上

何かしら約定する必要があります。auカブコム証券の取引手数料体系では一日定額手数料で100万までは0円になりますので、そちらで0円取引して、信用取引はkabuステーションAPI経由を使っていくという方法が、一番手数料掛からずにauカブコム証券を活用できるかもしれません。

auカブコム証券 口座開設

現引・現渡無料、API経由で信用取引手数料無料はかなり大きいアドバンテージになりそうです。

kabuステーションAPIの利用方法

「API?難しそう?」スクリプト書いて注文なんて出来ないという人も一定数いそうですし、ハナから使えるわけないと思っている人も多そうなので、逆にこれが使えるのはチャンスですね。

なお、kabuステーションAPIを使うにはkabuステーションが起動状態でないといけないようです。これはちょっと面倒ですね。kabuステーションの中にAPI利用設定があります。

kabustationspihub

KabuステーションAPIはご自身で何かしらのプログラミング言語で注文機能などを実装しないといけませんが、サンプルコードがありますので注文ぐらいなら難しくありません。Excelを利用するタイプもありますし。Pythonのサンプルもあるので、Python使ってちょっとした自動化スクリプト作っている人ならすぐに発注システム作れそうですね。

auカブコム証券 口座開設

2021年7月からはauカブコム証券は一日定額手数料の100万以下手数料無料(現物・信用合算)と「kabuステーションAPI」活用で、取引手数料はかなり有利な状況になりそうです。

あとは一般信用長期(プレミアム料付)のプレミアム料と在庫状況がどのように推移するかに注目ですね。サービスが始まったら当方のページでもプレミアム料を考慮したクロスコスト計算で他社との比較ができるようにしたいと思います。

もともとauカブコム証券は一般信用の在庫が多く、手数料の問題さえなければかなり使いたい証券会社でした。今回の手数料大改造はかなり使える変更になりそうでワクワクしますね。

一般信用長期(プレミアム料付)

一般信用短期売りがなくなったのは結構スッキリしました。また長期にプレミアム料ですが、初日ですとまだ0円ばかりで数字が確認できませんでしたので、連日のデータを取ることで「在庫量」「プレミアム料(手数料)」を定量データとして活用することで、在庫の人気度やコストのどの当たりで使われていくのか?の判断ができるのでは無いかと思います。

一般信用短期売りはauカブコム証券が導入して一斉を風靡した時期もありました。調子に乗って?金利も強気に上げてきて、導入した人は当時は良いボーナスを貰ったかもしれません。今度は「プレミアム料」という形で、使ってもらって企業と顧客の両方にいいバランスでサービス提供出来るかですね。

この流れは下手すると一般信用短期売りを追随した他のネット証券も追いかけて来るかもしれません。その時は「金利ではなくプレミアム料」の比較が、最大の懸案事項になってくる時代が来るかもしれませんね。

auカブコム証券 口座開設

なにはともあれ、今回のauカブコム証券のサービス改造は好感をもって受け入れています。

IPO取扱銘柄数業界トップ水準、ダイレクト口座信用取引は取引手数料無料!

株取引キャンペーン実施中!うまく活用しよう!

2 Responses to “auカブコム証券の手数料大改造スタート!API経由なら信用手数料完全無料で使える!”

  1. 匿名 より:

    日計りを現引きできなかったので買いコストはSBIが有利
    後発なのにちょいちょいケチ臭いなあと思う次第

    • 黒澤 より:

      日計りを現引きできないというのは初めて知りました。
      こういう罠をまだまだ仕込んでいるのは頂けないですね。プレミアム料も向こうのさじ加減を残して利益を得たい意図が見て取れます。
      日興さんが圧倒的にお得な状況は変わりないので、カブコムさんは最後まで残ってコスト見て取るような感じになりそうですかね。

コメントを残す

サブコンテンツ

IPOデータ

【2021年のIPO戦績】
59戦 54勝4負1分 (勝率91.5%)
▼2020年のIPO上場結果表
94戦 70勝23負1分 (勝率74.5%)
▼IPOスケジュール
トレーダーズ・プレミアム
銘柄分析・初値予想などIPO情報に強い!

未来のIPO株を持てる可能性

特別企画キャンペーン!
FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNO(ファンディーノ)でエンジェル投資家となって未来のIPO株を買おう!投資家登録でアマゾンギフト1,000円分プレゼント!


イークラウド

イークラウド

大和証券グループと連携の株式投資型クラウドファンディングサービス。


Unicorn(ユニコーン)

ユニコーン

案件には全て株主優待が付くなど、投資家向けに優しいECF。


株式投資型クラウドファンディング(ECF)リスト

株主優待情報

・次回の株主優待権利日は?
権利日:2021年07月31日
権利付き日:2021年07月28日
逆日歩日数:3日
・優待内容簡易チェック
完全版で調べる

オススメ証券会社(抜粋)

掲載証券会社の中から少しだけ紹介
2017年度 みんなの株式 ネット証券ランキング手数料部門【第1位(5年連続)】2017年IPO取扱開始!
使いやすい取引画面と、格安手数料。株主優待クロス取引にオススメ
ネット証券最大の口座数。手数料争いも常に最低レベル。基本口座に最適。IPOポイント制あり。
手数料業界最安水準!取引ツールもFXで培った使いやすさ。さらにIPOも取り扱い!
使いやすさが抜群の証券会社。IPOは完全平等など初心者・個人投資家に優しい
トレーディングツール「マーケットスピード」が大人気、楽天で使えるポイントも貯まる。
⇒全証券会社一覧を見る

FX口座情報

FX口座まとめページ
FXTF MT4で高次元のトレードが可能。多数の「オリジナルインディケータ」を搭載。
MT4業界最狭水準スプレッド、コスト重視派が認める約定力、シストレ口座に。
取引ツールの使いやすさNo.1。完璧な約定とスリッページなしで大切な機会を逃さない
楽しい食べ物系キャンペーンが人気の口座。もちろんその他のサービス面も優れているが、やはりキャンペーンにハマる!
⇒全掲載サービス一覧を見る

アーカイブ

プロフィール

黒澤女神像IPOやFX、その他お得な情報などを書いていこうと思います。みんなが見やすいようなブログつくりを目指します。
写真は「黄金の女神像」毎日見ればいいことあるかも?

黒澤の雑誌掲載

稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)
稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)

新興株の評価に参加しました。

【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)
【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)

複数のトレーダーの集計でのランキング、テーマ別で見やすいです。

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]

IPO参考サイトとしてフィスコと並んで掲載されました。

黒澤のIPO当選履歴

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。
2021年 当選銘柄:6銘柄
【4178 Sharing 】
SBI証券 (3枚)
+540,000円
2021年度、差益+897,700円
2020年 当選銘柄:17銘柄
2020年度、差益+2,389,000円
2019年 当選銘柄:16銘柄
2019年度、差益+809,000円

※ 差益は取引手数料を考慮していません。
※ 全て初値売りをしたシミュレーションです。裁量配分等、抽選と違う方法で入手した結果は掲載しておりません。

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。

アーカイブ

このページの先頭へ