【2019年のIPO振り返り】低調な時期もあったが12月の好調さがすべてを吹き飛ばす

「終わりよければ全てよし。」そんな言葉を象徴するような2019年のIPOだったかもしれません。2019年のIPOを少し振り返ってみたいと思います。

当方は2000年~のIPOデータをまとめて公開していますので、ご自身の視点で振り返ってみると面白いものが見つかる可能性もありますので参考にしてください。

iponenbetugraph2019

【IPOサマリー】2001年以降のIPO情報を一覧、グラフ表示

まず2019年のIPO全体を過去のIPOと比較してグラフで見てみると、実は平均騰落率も件数も少し下がり基調です。騰落率に関しては2017年をトップに徐々に落ちていますし、件数も下がり気味なのでIPO相場は年単位で見ると落ち着きを見せている状態です。

もし12月のIPOの結果が奮わなかったら、もっと沈んだ印象の結果になっていたかも知れませんね。

2019ipozentai

【IPO年度別結果まとめ】全体成績、月別・上場市場・主幹事証券・業種別傾向確認

勝率は約85%でいつものIPOらしさを維持しています。まだまだ公募取得初値売りで十分利益が出る状態です。

最高騰落率はウィルズ(みずほ証券主幹事)でなんと4.7倍程度でした。12月に上場した「プレミアム優待倶楽部」でもおなじみの銘柄です。一方、1枚あたりの最高利益をはじき出したのはサーバーワークス(大和証券主幹事)です。1撃約130万円プラスというIPOになっています。

一方、データ上で厳しい結果だったと評価されているのは大英産業(エイチ・エス証券主幹事)ですね。不動産セクターで公募割れの後、さらに下げています。

2019ipotukibetu

月別の結果を見ると吸収金額が一番多い12月に勝率91.3%で平均騰落率も200%と近くと、12月の頑張りが支えた2019年のIPOだったとデータを見ても感じられます。振り返ってみると吸収金額1000億を超すような超大型IPOがなかった年でもありました。

2019ipoichibabetu

上場市場別では今年は東証2部の銘柄が頑張った印象がありましたが、結果を見てもよくやっていると思います。公募割れは1銘柄のみで平均騰落率もそれなりに結果が出ています。今後は東証2部も程よく評価しても良いかも知れません。

初値結果だけ見るとリートIPOはやはり不利ですね。

2019iposhukanjibetu

主幹事別傾向も面白い結果かもしれません。先程は銘柄で目立った主幹事として大和証券とみずほ証券が出ましたが、全体的な件数や吸収金額での取扱量ではSMBC日興証券と大和証券が頑張った結果になりました。王者野村證券は去年のソフトバンクの影響でしょうか?やや少ない状況です。

お世話になる確率が高かったのはやはり大和証券とSMBC日興証券だったかも知れません。

SMBC日興証券がダイレクト口座にステージ制傾斜配分を導入しているように、総合証券のネット部門でも金持ち優遇、お得意様優遇の流れが出てきていると感じます。

2019iposectorbetu

最後にセクター別の情報。多いのはネット系の情報通信業、そしてサービス業ですね。AIなどテーマ性の高い銘柄は注目度も集まって高騰傾向は同じです。また地味系が初値では苦しい無という傾向も変わりないですね。不動産セクターの勝率が低く出ています。

2019年の途中では「連続赤字でのファンドのイグジット案件」に関して不当に高い価格で市場参加者に買わせているといったIPOへの不信記事も出ていましたが、12月のIPOでそういったものを少し吹き飛ばしています。

微妙案件の取捨選択は今後も悩みのタネとなりそうですが、2019年を総合的に振り返ってみても、参加姿勢を貫いたほうが結果的にプラスになりやすい相場環境は続いていると思います。

私は2008~2011年あたりの冬の時代もIPOも見ていますので、そういった5年スパンでIPOが全く冴えないことも想定しながら続けています。それを考えれば2019年は十分結果が出た年でした。

2020年はオリンピックイヤーで、まだ上場は盛り上がると思いますが、予てから2020年が最大の山場(ピークになりやすい)と言われていました。オリンピックイヤーまでに上場したい企業の意向は多く、監査法人は受付を停止するほどの上場意欲の強さだったと思います。

最近はクラウドファンディングなど、上場以外に資金調達する方法も増えており、東証だけでない市場の自由度の広がりも増えていくかも知れません。IPO予備軍はたくさんあると言われていますので、年末年始の雑誌に出てくるようなものも含めて上場予備軍や上場観測企業もしっかりチェックしておきたいと思います。

【IPO上場観測リスト】今後上場が予測される企業のリストと動向

Unicorn(ユニコーン) が新規会員登録キャンペーン!アマゾンギフト1,000円分プレゼント!
さらに限定キャンペーンコードで500円分追加!合計1,500円に!
ユニコーン
キャンペーンコードは「unicorn9」をキャンペーンコード入力フォームに記入!
Unicorn(ユニコーン)が秋の新規会員登録キャンペーンを開始!

コメントを残す

サブコンテンツ

IPOデータ

【2020年のIPO戦績】
52戦 32勝19負1分 (勝率61.5%)
▼2019年のIPO上場結果表
90戦 77勝12負1分 (勝率85.6%)
▼IPOスケジュール
トレーダーズ・プレミアム
銘柄分析・初値予想などIPO情報に強い!

未来のIPO株を持てる可能性

秋の新規会員登録キャンペーン! アマゾンギフト1,000円分プレゼント!さらに限定で+500円分


FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNO(ファンディーノ)でエンジェル投資家となって未来のIPO株を買おう!


イークラウド

イークラウド

大和証券グループと連携の株式投資型クラウドファンディングサービス

株主優待情報

・次回の株主優待権利日は?
権利日:2020年09月30日
権利付き日:2020年09月28日
逆日歩日数:1日
・優待内容簡易チェック
完全版で調べる

オススメ証券会社(抜粋)

掲載証券会社の中から少しだけ紹介
郵政グループIPOでは3銘柄全て当選!主幹事にもなる穴場証券。2016年も主幹事案件豊富で絶好調
2017年度 みんなの株式 ネット証券ランキング手数料部門【第1位(5年連続)】2017年IPO取扱開始!
使いやすい取引画面と、格安手数料。株主優待クロス取引にオススメ
ネット証券最大の口座数。手数料争いも常に最低レベル。基本口座に最適。IPOポイント制あり。
手数料業界最安水準!取引ツールもFXで培った使いやすさ。さらにIPOも取り扱い!
常に顧客にとって満足の行くサービスを率先して行う。IPOは平等抽選。株主優待にもオススメ
比べて分かる業界最安値水準の手数料、2015年上場のIPO引受率44.5%の実績
使いやすさが抜群の証券会社。IPOは完全平等など初心者・個人投資家に優しい
表にあまり表れない信用取引の金利コストなどかなり低コストで頑張っている。IPOは少ないが通常取引を安くするのに最適。特に信用取引に強い
トレーディングツール「マーケットスピード」が大人気、楽天で使えるポイントも貯まる。
⇒全証券会社一覧を見る

FX口座情報

FX口座まとめページ
FXTF MT4で高次元のトレードが可能。多数の「オリジナルインディケータ」を搭載。
MT4業界最狭水準スプレッド、コスト重視派が認める約定力、シストレ口座に。
取引ツールの使いやすさNo.1。完璧な約定とスリッページなしで大切な機会を逃さない
楽しい食べ物系キャンペーンが人気の口座。もちろんその他のサービス面も優れているが、やはりキャンペーンにハマる!
⇒全掲載サービス一覧を見る

アーカイブ

プロフィール

黒澤女神像IPOやFX、その他お得な情報などを書いていこうと思います。みんなが見やすいようなブログつくりを目指します。
写真は「黄金の女神像」毎日見ればいいことあるかも?

黒澤の雑誌掲載

稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)
稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)

新興株の評価に参加しました。

【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)
【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)

複数のトレーダーの集計でのランキング、テーマ別で見やすいです。

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]

IPO参考サイトとしてフィスコと並んで掲載されました。

黒澤のIPO当選履歴

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。
2020年 当選銘柄:9銘柄
2020年度、差益+708,400円
2019年 当選銘柄:16銘柄
2019年度、差益+809,000円
2018年 当選銘柄:25銘柄
2018年度、差益+2,099,700円

※ 差益は取引手数料を考慮していません。
※ 全て初値売りをしたシミュレーションです。裁量配分等、抽選と違う方法で入手した結果は掲載しておりません。

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。

アーカイブ

このページの先頭へ