【NISA口座】ネット証券のサービス比較をしました。そしてその結果・・・

キャンペーンの都合もありますし9月中にNISA口座を決めて申し込んでしまおうと思っています。NISA口座の利用法に関してはまだ悩ましいところですが、やはり手数料と融通性を考えてネット証券にする予定です。

そこで大手ネット証券のサービス条件を比較してみました。

【NISA口座】5大ネット証券の取扱商品、手数料、一押しポイントなどを比較

ひとつ出たかなという結論は総合力で見ればSBI証券

NISA口座で現物株やETF程度しか買わないとという方は松井証券が無料でオススメです。


取扱商品比較もしましたが表立った情報しか見ていないので、具体的に買いたいものがある場合はそれを基準に証券会社比較をすればいいかもしれません。

ただ問題はNISA口座をうまく活用して非課税枠のメリットを活かすことですが、非課税枠を活かすイコール、税金がもったいないと感じるほどの利益を出さなければなりません。

しかも損失だった場合は5年間(10年間)の時限付きや損益通算ができないというデメリットも有ります。

深く考えすぎるとなんだか微妙なNISA口座ですが、とりあえず非課税枠を確保したいですしキャンペーンにはのって少しでも得したほうがいいです。

NISA口座開設キャンペーン情報のまとめ、どうせ開設するなら絶対貰っとけ!

私はいろいろ考えた結果、融通がききそうなSBI証券で口座を開くことにしました。

NISA口座をどう活かすかはまだまだ考え中ですが、長期現物保有できる株式でも買おうと思っていましたが、やはり5年とはいえ期限付きはやりにくいです。

投資信託にしても5年の期限付きって、ある意味買い換えさせて証券会社が手数料ガッポリといった、いかにも証券会社の人に勧められて投信を買い換えて損をする人みたいになりそうで嫌な感じです。

 

実は私は指数連動型のETFを長年ちょろちょろ買っていて資産保持のつもりで持っていますが思っているほど利益が出ていません。それを今から5年という期間で運用益を求めるというのが最大の至難の業だと思います。

期限というのは運用実態をみて変えるかもしれないということですが、とりあえず5年というスパンで利益が出せる可能性が高い物を余裕があれば買ってみる感じですかね。

まぁ、どちらかというと積極的に活用というよりかは補助的に活用という姿勢が一番スッキリしそうです。

個人的には今優待クロス取引で取っている優待の中で現物保有にしても良い銘柄があれば100万円以内で姿勢を変更、ちょうどいい売却ポイントがあれば売ってしまって再びクロスに

IPOは分かりませんが個人的にはよくウォッチングしているので枠内で購入を狙う。

年間で余った枠があれば期末に余剰資金を資産運用という形で投信などを検討。

いくつかの方法を柱として、別に無理だったらほっとこうぐらいの気持ちで取り組む予定です。

NISA活用法などといっていろいろな方法が紹介されていますが、今までの投資方法で利益が出ているものの延長で非課税枠に移せるものは移すという考えでいいのかもしれません

2014年から始まる大注目、少額投資非課税制度(NISA)情報、非課税の恩恵を逃がすな!

私はSBI証券のキャンペーンでどでかいものを当ててブログで紹介したい!という欲望が一番強いです(笑)

IPO取扱銘柄数業界トップ水準、ダイレクト口座信用取引は取引手数料無料!

株取引キャンペーン実施中!うまく活用しよう!

2 Responses to “【NISA口座】ネット証券のサービス比較をしました。そしてその結果・・・”

  1. my20001 より:

    どうもこんばんは。

    >キャンペーンの都合もありますし9月中にNISA口座を決めて申し込んでしまおうと思っています。

    ここですよね。
    10月以降さらに過熱するとかないでしょうか。

    >税金がもったいないと感じるほどの利益を出さなければなりません。

    となるとIPO一択しかないと考えますが、どうでしょうか。
    株式投資は長期的にはプラスと考えますが、5年10年では何とも言えません。
    短期で爆発力があるのはIPOと考えます。

    >私はいろいろ考えた結果、融通がききそうなSBI証券で口座を開くことにしました。

    SBIは今年の実績ではIPO少し物足りないです。
    当たらない自分が悪いんですが。

    10月になったらさすがに各社取扱商品確定させているでしょうから、
    実績ありでIPOを取り扱ってくれるところにしようと思います。

    >投資信託にしても5年の期限付きって、ある意味買い換えさせて証券会社が手数料ガッポリ

    そういう人が沢山いてくれると証券株的にはいいんですが。(笑)

    >年間で余った枠があれば期末に余剰資金を資産運用という形で投信などを検討。

    これは素晴らしいと思います。
    となるとノーロード投信取り扱いかETF手数料が安いことも重要ですね。

  2. 黒澤 より:

    my20001 さん、コメントありがとうございます。

    キャンペーン動向なのですが、個人的には2000円という相場があるような気がしています。9月以降も実施している証券会社があるので、過熱はしにくいかもしれないと感じています。特にネット証券はNISA口座にあまり旨みがないのでキャンペーン状況が悪いですね。

    >まずはIPO一択は賛成なのですが

    NISA口座での取り扱いが不明点が多く難しいですね。
    そうなるとmy20001さんはIPOの取り扱いがはっきりするまで待ちと考えているんですね。私はもうそろそろと考えて、結局いろいろな攻め方が出来そうなネット証券最大証券会社でいいかと思いました。

    期限付きなんて正直、買い替え作戦でしょ?って言いたくなります。
    (だって5年超えると通常口座に移る今の仕組みが不可思議すぎます)

    なるべく利用できるものは利用して、しかし深追いしてしまわないように気をつけるといった感じで年間で数万程度得になれば私にとってNISA口座の役目は終わりですね、今のところ。

    あっ、あと記事的にはネット証券ならという前提で比較しているのでご了承ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

IPOデータ

【2020年のIPO戦績】
68戦 46勝21負1分 (勝率67.6%)
▼2019年のIPO上場結果表
90戦 77勝12負1分 (勝率85.6%)
▼IPOスケジュール
トレーダーズ・プレミアム
銘柄分析・初値予想などIPO情報に強い!

未来のIPO株を持てる可能性

イークラウド

イークラウド

投資家登録でアマゾンギフト1,000円分プレゼント! 大和証券グループと連携の株式投資型クラウドファンディングサービス


秋の新規会員登録キャンペーン! アマゾンギフト1,000円分プレゼント!


FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNO(ファンディーノ)でエンジェル投資家となって未来のIPO株を買おう!

株主優待情報

・次回の株主優待権利日は?
権利日:2020年12月20日
権利付き日:2020年12月16日
逆日歩日数:3日
・優待内容簡易チェック
完全版で調べる

オススメ証券会社(抜粋)

掲載証券会社の中から少しだけ紹介
郵政グループIPOでは3銘柄全て当選!主幹事にもなる穴場証券。2016年も主幹事案件豊富で絶好調
2017年度 みんなの株式 ネット証券ランキング手数料部門【第1位(5年連続)】2017年IPO取扱開始!
使いやすい取引画面と、格安手数料。株主優待クロス取引にオススメ
ネット証券最大の口座数。手数料争いも常に最低レベル。基本口座に最適。IPOポイント制あり。
手数料業界最安水準!取引ツールもFXで培った使いやすさ。さらにIPOも取り扱い!
使いやすさが抜群の証券会社。IPOは完全平等など初心者・個人投資家に優しい
表にあまり表れない信用取引の金利コストなどかなり低コストで頑張っている。IPOは少ないが通常取引を安くするのに最適。特に信用取引に強い
トレーディングツール「マーケットスピード」が大人気、楽天で使えるポイントも貯まる。
⇒全証券会社一覧を見る

FX口座情報

FX口座まとめページ
FXTF MT4で高次元のトレードが可能。多数の「オリジナルインディケータ」を搭載。
MT4業界最狭水準スプレッド、コスト重視派が認める約定力、シストレ口座に。
取引ツールの使いやすさNo.1。完璧な約定とスリッページなしで大切な機会を逃さない
楽しい食べ物系キャンペーンが人気の口座。もちろんその他のサービス面も優れているが、やはりキャンペーンにハマる!
⇒全掲載サービス一覧を見る

アーカイブ

プロフィール

黒澤女神像IPOやFX、その他お得な情報などを書いていこうと思います。みんなが見やすいようなブログつくりを目指します。
写真は「黄金の女神像」毎日見ればいいことあるかも?

黒澤の雑誌掲載

稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)
稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)

新興株の評価に参加しました。

【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)
【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)

複数のトレーダーの集計でのランキング、テーマ別で見やすいです。

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]

IPO参考サイトとしてフィスコと並んで掲載されました。

黒澤のIPO当選履歴

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。
2020年 当選銘柄:10銘柄
2020年度、差益+751,500円
2019年 当選銘柄:16銘柄
2019年度、差益+809,000円
2018年 当選銘柄:25銘柄
2018年度、差益+2,099,700円

※ 差益は取引手数料を考慮していません。
※ 全て初値売りをしたシミュレーションです。裁量配分等、抽選と違う方法で入手した結果は掲載しておりません。

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。

アーカイブ

このページの先頭へ