郵政グループのIPOに伴い、証券会社の口座開設が非常に混雑している模様です。郵政IPOは比較的BB期間が長いですが、口座開設完了までは多少時間がかかるので早めの対策をしておきたいところです。

むさし証券トレジャーネットでは以下のお知らせが出ていました。

musashientory

IPOはやはり主幹事証券が枚数が多いため、基本的には主幹事証券が第一の鍵になり、さらに当選確率を高めるため幹事証券の動向をチェックする必要があります。

しかしながら郵政グループのIPOはその異次元性のため、少し通常とは違った感覚も必要です。

【郵政IPO】IPOを手に入れるために、主幹事証券はもちろんながら実は複数証券での数集めが重要

当方、特集記事でレポートしましたが、穴場証券での申込が鍵になっていると思います。特にauカブコム証券などはMUFGグループのため、三菱さんがグローバルコーディネーターとなりかなりの配分数があるはずです。

※当サイトからの口座開設で1000円プレゼントです。

最近、ネット上でIPO情報を調べているとauカブコム証券の美人女性アナリストをバナー画像に使った広告がよく見られますね。

一般信用売建可能銘柄数は日本一、カブドットコム証券さんに突撃インタビューしてきました(前編)

ちなみに当方、藤井さんにはインタビューで直接お会いした事があります。非常に可愛く、しかも聡明で優待クロスネタなんてのはお手のものでした。

再度、私の申込予定証券会社を列記しておきます。

【申込予定証券会社】

カブドットコム証券(今回ばかりは最重要)
SBI証券(当然)
マネックス証券 (平等抽選)
岡三オンライン証券 (上位穴場)
安藤証券 (幹事in)
松井証券 (幹事in 後期型)
むさし証券トレジャーネット (穴場)
岩井コスモ証券「ネット取引」 (後期敗者復活)
立花証券 (ネット申込可能)
エイチ・エス証券 (IPOは強気)

【主幹事系】
野村證券 (前受不要)
大和証券 (チャンス当選)
SMBC日興証券今ならキャンペーン3,000円
みずほ証券 (とりあえず)
三菱モルガン・スタンレー証券(全プレ様相)
東海東京証券 (主幹事in)

【取り扱いが確定すれば申し込む予定の証券会社】

ライブスター証券(申込画面あり)
楽天証券 (恐らく取り扱う)
GMOクリック証券 (取り扱い不明)

上記程度はしっかり準備しておくことが重要かと思います。そして皆で11月4日を盛り上げていければ幸いです。数十年に一度なんだから、ここは乗っかるべきだと思ってます。