【2020年まとめ】株主優待は改悪や廃止が続いて苦しい傾向!?

2020年の振り返り記事、株主優待編です。

2020yutaimatome

株主優待戦績

2020年の12月の優待は制度突撃で結構高めの逆日歩が付きました。私は早めの一般信用まで確保して優待クロスを仕掛けることはしない(金利と手間を考えて)ので、結局すかいらーくもブロードリーフもマクドナルドですら取らない年となりました。

株主優待クロス取引での得した金額をまとめ始めたのが2010年、それから10年の月日が経っていますが、やや減少傾向になっている株主優待でもそこそこの金額を毎年得出来ていることを素直にありがたく感じたいところです。

2020年の株主優待の傾向は「徐々に株主優待還元策を良しと思っていなかった企業が、改悪や廃止に進んだ」1年だったと思います。コロナ禍をきっかけに業績悪化から還元策を見直す企業が増えました。またクロス対策として「長期認定」を取り入れる企業も増えました。

端株(単元未満株)で賢く株式投資。端株の有効利用について

端株を利用した長期認定対策もありますが、企業の長期導入の意図を考えるとこの対策方法が増えれば早晩企業側もさらなる対策に出てくると思います。サイゼリアの任意の日などが出たことも、企業側も問題視していそうです。

同時に不公平感があった「株主総会の土産」もコロナ禍で一気になくなりましたね。

6月頃に総会集中日ではたくさんの紙袋を下げた連中が、駅付近で見かける光景が昔はありましたが、それも過去のものとなりそうです。株主優待は日本独自のガラパゴスな制度であるので、なくなってしまう危惧もあるのですが、日本の商習慣の変な部分で良い部分としても見られているところもありますので、そう簡単に全て消えはしないと思っています。

2021年以降の考え方としては

  • 決して無理をして株主優待のためにクロス取引をしない
  • 面倒と感じても、株主優待を出してくれていることをありがたく思い取得する

といった形で「心穏やかに、でもしっかりと」毎月の株主優待を楽しんでいきたいです。

証券会社9社(松井・auカブコム・SBI・楽天・GMOクリック・SMBC日興・マネックス・大和・岩井コスモ)一般信用売り建て可能銘柄リスト

近年、本当に感じるのは株主優待クロス取引で一般信用売建の早期化と、その人口の増加です。金利面や取引手数料を抑えられるSMBC日興証券楽天証券での在庫のなくなり方をみると人気銘柄は長期のSMBC日興証券では1~3ヶ月前ぐらいから、短期型の楽天証券ではその取引可能スタート日から過度な争奪戦が見られます。

完全に需要と供給のバランスが需要過多の状態で、証券会社にとっては収益の源泉となって良いのでしょうが、優待取り側にとっては本当にちゃんと金利面を考えてお得と思っているの?というぐらいの状況でもあります。

この傾向を解決するには「需要の減少」「供給の増加」のどちらかしかありません。

「需要の減少」は、優待人気がまだあまだ高いことを考えると「金利面でのコスト意識」が早取りに待ったをかけるようになるのが良いかもしれません。

「供給の増加」はSMBC日興証券が参加したときのインパクトが大きかったですが、今となるとSMBC日興証券楽天証券SBI証券も手数料削減に少し手間がかかるGMOクリック証券さえ在庫数の減りが早いです。というのも信用取引手数料無料化の流れから「取引手数料」に対するコスト意識は随分と下がっていると思います。

一方、金利手数料が高いauカブコム証券が最後まであまりが見られることを考えると、auカブコム証券がもう少し他社と同程度まで金利面でのコスト意識を高めてくれれば利用者が分散されるかもしれません。

信用金利・保証金・維持率比較一覧

2020年は取引手数料無料化が進んだ年でもありましたが、2021年は信用取引の金利コストにも目を向けられるのではないか?と思っています(願望も入っています)。

昔から一般信用売建を用意していた松井証券も短期売りに参入するという話もありますので、、一般信用売建でも各社が争う形になる2021年になって欲しいですね。

証券会社9社(松井・auカブコム・SBI・楽天・GMOクリック・SMBC日興・マネックス・大和・岩井コスモ)一般信用売り建て可能銘柄リスト

正直、無事はたくさんあったほうが良いです。下記に挙げる証券会社を駆使しましょう!

SMBC日興証券・・・長期で金利安い、在庫も多い、条件なしで手数料無料

楽天証券・・・簡単な条件で取引手数料無料に、戦力に加えたい

SBI証券・・・約定100万(取引内容で300万)まで手数料無料、うまく約定代金調整して

GMOクリック証券・・・株主優待で手数料キャッシュバック、参加者少ないから在庫有るとき多い

auカブコム証券・・・在庫多い、VIP優遇。普通の人には金利がネック。現引き手数料はおかしい罠

松井証券・・・2021年に新サービスで多くの人にばれるまで活用可能性高い

IPO取扱銘柄数業界トップ水準、ダイレクト口座信用取引は取引手数料無料!

株取引キャンペーン実施中!うまく活用しよう!

4 Responses to “【2020年まとめ】株主優待は改悪や廃止が続いて苦しい傾向!?”

  1. yosi より:

    いつも有益な情報ありがとうございます。
    さて、お願いでありますが、2021年の「優待日程・カレンダー」を更新していただけると、ありがたいです。

    • 黒澤 より:

      ご連絡ありがとうございます。株主優待のカレンダー2021年分も載せましたので報告いたします。

  2. yosi より:

    更新ありがとうございました。
    5月末だけ情報が無いように感じましたので確認をお願いします。

    • 黒澤 より:

      yosi様、連絡ありがとうございます。

      確かに5月末の情報が抜けていました。ご指摘助かります。
      一先ずデータを入れましたので報告です。

コメントを残す

サブコンテンツ

IPOデータ

【2021年のIPO戦績】
31戦 31勝0負0分 (勝率100.0%)
▼2020年のIPO上場結果表
94戦 70勝23負1分 (勝率74.5%)
▼IPOスケジュール
トレーダーズ・プレミアム
銘柄分析・初値予想などIPO情報に強い!

未来のIPO株を持てる可能性

コラボキャンペーン!
FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNO(ファンディーノ)でエンジェル投資家となって未来のIPO株を買おう!投資家登録でアマゾンギフト1,000円分プレゼント!


イークラウド

イークラウド

大和証券グループと連携の株式投資型クラウドファンディングサービス。


Unicorn(ユニコーン)

ユニコーン

案件には全て株主優待が付くなど、投資家向けに優しいECF。


株式投資型クラウドファンディング(ECF)リスト

株主優待情報

・次回の株主優待権利日は?
権利日:2021年05月15日
権利付き日:2021年05月12日
逆日歩日数:3日
・優待内容簡易チェック
完全版で調べる

オススメ証券会社(抜粋)

掲載証券会社の中から少しだけ紹介
2017年度 みんなの株式 ネット証券ランキング手数料部門【第1位(5年連続)】2017年IPO取扱開始!
使いやすい取引画面と、格安手数料。株主優待クロス取引にオススメ
ネット証券最大の口座数。手数料争いも常に最低レベル。基本口座に最適。IPOポイント制あり。
手数料業界最安水準!取引ツールもFXで培った使いやすさ。さらにIPOも取り扱い!
使いやすさが抜群の証券会社。IPOは完全平等など初心者・個人投資家に優しい
トレーディングツール「マーケットスピード」が大人気、楽天で使えるポイントも貯まる。
⇒全証券会社一覧を見る

FX口座情報

FX口座まとめページ
FXTF MT4で高次元のトレードが可能。多数の「オリジナルインディケータ」を搭載。
MT4業界最狭水準スプレッド、コスト重視派が認める約定力、シストレ口座に。
取引ツールの使いやすさNo.1。完璧な約定とスリッページなしで大切な機会を逃さない
楽しい食べ物系キャンペーンが人気の口座。もちろんその他のサービス面も優れているが、やはりキャンペーンにハマる!
⇒全掲載サービス一覧を見る

アーカイブ

プロフィール

黒澤女神像IPOやFX、その他お得な情報などを書いていこうと思います。みんなが見やすいようなブログつくりを目指します。
写真は「黄金の女神像」毎日見ればいいことあるかも?

黒澤の雑誌掲載

稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)
稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)

新興株の評価に参加しました。

【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)
【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)

複数のトレーダーの集計でのランキング、テーマ別で見やすいです。

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]

IPO参考サイトとしてフィスコと並んで掲載されました。

黒澤のIPO当選履歴

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。
2021年 当選銘柄:5銘柄
【4178 Sharing 】
SBI証券 (3枚)
+540,000円
2021年度、差益+908,700円
2020年 当選銘柄:17銘柄
2020年度、差益+2,389,000円
2019年 当選銘柄:16銘柄
2019年度、差益+809,000円

※ 差益は取引手数料を考慮していません。
※ 全て初値売りをしたシミュレーションです。裁量配分等、抽選と違う方法で入手した結果は掲載しておりません。

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。

アーカイブ

このページの先頭へ