【株主優待】コメダホールディングス(3543)の優待到着!「KOMECA」にチャージ1,000円分!議決権行使で追加500円!

コメダホールディングス(3543)の株主優待が到着しました。
100株で1000円分のKOMECAチャージになります。

優待到着は5月14日頃でした。

コメダホールディングス(3543)の銘柄情報

3543_202102_1

連続して貰っている方はチャージの案内だけですね。2月と8月にあるので年間2,000円相当です。3年以上保有で300株持っていると2月は2,000円分のチャージになるようです。

なお、チャージ日は6月1日。そして議決権行使で500円追加(7月1日予定)なので忘れずに議決権行使しましょう。私はいつも議決権行使分も確認してからコメダ豪遊しています。

3543_202102_23543_202102_3

なお、一回でも権利を飛ばして株主番号変われば新規にKOMECA貰えそうです。紛失すると500円の再発行手数料が掛かるようなので、一回お休みして再度貰ってもいいかも知れませんね。

個人的には1名義で半期に1500円相当貰えるのが丁度いい優待に感じています。コメダは好きですが、結構ボリュームが凄いので年老いた胃には受け付けないものもありますね。

コメダホールディングス(3543)の銘柄情報

前回の逆日歩は0.3円(MAX16円x3日)でした。1000円相当ということになっているのですが、毎回議決権行使で1,500円貰えています。SMBC日興証券で一般信用が最後の方まで余っている事が多いので気軽にゲットできますね!

株主優待クロス(タダ取り・つなぎ売り)取引戦略には下記の証券会社がオススメです。

まずは一般信用売建が使えるネット取引は9社になりました。そこから松井証券auカブコム証券SBI証券楽天証券SMBC日興証券マネックス証券GMOクリック証券をうまく手数料や在庫数など見て使い分けたいところです。

下記2つは銘柄数や手数料を考えても使いやすいですね。メインにしている人多そうです。

その他に下記の4つの証券会社もサブ的に使えるようにしていると網羅できます。
 

制度信用ならSBIネオトレード証券DMM.com証券手数料の安さでオススメです。

 株主優待タダ取り(クロス取り)戦績
↑優待取りの一覧結果を年別にしています。今後の参考にどうぞ

IPO取扱銘柄数業界トップ水準、ダイレクト口座信用取引は取引手数料無料!

株取引キャンペーン実施中!うまく活用しよう!

2 Responses to “【株主優待】コメダホールディングス(3543)の優待到着!「KOMECA」にチャージ1,000円分!議決権行使で追加500円!”

  1. my20001 より:

    どうもこんばんは。

    >コメダは好きですが、結構ボリュームが凄いので年老いた胃には受け付けないものもありますね。

    他のチェーンと違って「メニュー写真より大きいのが出てくる!」と噂には聞いているのですが、結局、まだ行ったことがありません…。
    シロノワールしか知らないのですが、何がオススメでしょうか?

    >株主優待タダ取り(クロス取り)戦績

    改めてみてみるとほぼ逆日歩ゼロにお見受けするので、一般信用がメインなのだと思いますが、なぜかスズケンが制度なんですね。(笑)

    2020年1年間の実績について、例えば、全部制度VS可能なものは一般&無理なら制度、でどちらが多く経費がかかるかなどは検証できますでしょうか?
    私は、直感的に、制度オンリーの方が利益が大きいと思っているのですが、これはデータを見てみないと分かりません。

    さて、デアリングタクトですが、怪我は残念ですね。
    ヴィクトリアマイルのメンバー相手なら、1着2着は確保できそうです…。
    無事に秋競馬に出てくることを期待しますが、牝馬なので無理しない可能性も高いですね…

    • 黒澤 より:

      コメダですが何頼んでも基本的にボリュームたっぷりですよ。

      私は名古屋らしく「味噌カツパン」頼んで8つ切りにしてもらって、食べきれないものを持ち帰ることが多いです。
      昔はコーヒーシェイクも好きでしたが、今飲むと甘すぎてって感じもしますね。
      年齢とともに食の嗜好は変わるなぁと最近思っています。

      優待タダ取りの戦績ですが

      「一般vs制度」はなかなか比較検証がしづらいところがあります。慣れた人なら制度で危険を上手に避けれる人が一番良さそうかなと思っていますが、
      銘柄ごとに信用状況見ているような時間的手間なども考えると、手軽に一般信用で取れるなら取ったほうが満足度高い気もしますね。
      私は一般で取れるものは取ってしまって、最後に残ったもので制度取れるか?と最初から制度で行けると思っているものだけ後回し作戦ですね。
      最近は一般信用の争奪戦が早すぎて、制度優勢な可能性もありますね。

      デアリングタクト・・・

      クラブのレポートを聞いたときはショックでした。まだ怪我の程度(全治)が決まっておらず心配です。
      一応、軽めの運動の許可は出ているようで秋に元気な姿が見られるのが第一目標ですね。
      宝塚記念を楽しみにしていました・・・。牝馬なので無理をしないのが普通ですが、クラブ的には無理するクラブ(爆)なので出来る限り走る方向に持っていくとは思っています。

コメントを残す

サブコンテンツ

IPOデータ

【2021年のIPO戦績】
46戦 42勝4負0分 (勝率91.3%)
▼2020年のIPO上場結果表
94戦 70勝23負1分 (勝率74.5%)
▼IPOスケジュール
トレーダーズ・プレミアム
銘柄分析・初値予想などIPO情報に強い!

未来のIPO株を持てる可能性

特別企画キャンペーン!
FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNO(ファンディーノ)でエンジェル投資家となって未来のIPO株を買おう!投資家登録でアマゾンギフト1,000円分プレゼント!


イークラウド

イークラウド

大和証券グループと連携の株式投資型クラウドファンディングサービス。


Unicorn(ユニコーン)

ユニコーン

案件には全て株主優待が付くなど、投資家向けに優しいECF。


株式投資型クラウドファンディング(ECF)リスト

株主優待情報

・次回の株主優待権利日は?
権利日:2021年06月30日
権利付き日:2021年06月28日
逆日歩日数:1日
・優待内容簡易チェック
完全版で調べる

オススメ証券会社(抜粋)

掲載証券会社の中から少しだけ紹介
2017年度 みんなの株式 ネット証券ランキング手数料部門【第1位(5年連続)】2017年IPO取扱開始!
使いやすい取引画面と、格安手数料。株主優待クロス取引にオススメ
ネット証券最大の口座数。手数料争いも常に最低レベル。基本口座に最適。IPOポイント制あり。
手数料業界最安水準!取引ツールもFXで培った使いやすさ。さらにIPOも取り扱い!
使いやすさが抜群の証券会社。IPOは完全平等など初心者・個人投資家に優しい
トレーディングツール「マーケットスピード」が大人気、楽天で使えるポイントも貯まる。
⇒全証券会社一覧を見る

FX口座情報

FX口座まとめページ
FXTF MT4で高次元のトレードが可能。多数の「オリジナルインディケータ」を搭載。
MT4業界最狭水準スプレッド、コスト重視派が認める約定力、シストレ口座に。
取引ツールの使いやすさNo.1。完璧な約定とスリッページなしで大切な機会を逃さない
楽しい食べ物系キャンペーンが人気の口座。もちろんその他のサービス面も優れているが、やはりキャンペーンにハマる!
⇒全掲載サービス一覧を見る

アーカイブ

プロフィール

黒澤女神像IPOやFX、その他お得な情報などを書いていこうと思います。みんなが見やすいようなブログつくりを目指します。
写真は「黄金の女神像」毎日見ればいいことあるかも?

黒澤の雑誌掲載

稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)
稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)

新興株の評価に参加しました。

【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)
【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)

複数のトレーダーの集計でのランキング、テーマ別で見やすいです。

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]

IPO参考サイトとしてフィスコと並んで掲載されました。

黒澤のIPO当選履歴

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。
2021年 当選銘柄:6銘柄
【4178 Sharing 】
SBI証券 (3枚)
+540,000円
2021年度、差益+897,700円
2020年 当選銘柄:17銘柄
2020年度、差益+2,389,000円
2019年 当選銘柄:16銘柄
2019年度、差益+809,000円

※ 差益は取引手数料を考慮していません。
※ 全て初値売りをしたシミュレーションです。裁量配分等、抽選と違う方法で入手した結果は掲載しておりません。

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。

アーカイブ

このページの先頭へ