日本管財ホールディングス(9347)の株主優待が到着しました。
100株で3年未満は2,000円相当、3年以上で3,000円相当です。

優待案内到着は6月24日でした。配達は普通郵便でした。

日本管財ホールディングス(9347)の株主優待関連情報

年に2回あるので、カタログギフトの商品は欲しそうなものは大体試したので、最近は洗剤ばかり貰っています。

今回の洗剤ギフトも2パターンあるのですが、アタックに関しては粉洗剤とか、ちょっと昭和に逆戻りしたような洗剤セットです。なんだか年々古臭くなっている気がするのは気のせいでしょうか?最近はシンプルなパッケージで見せる商品が主流ですので、このギフトのような「ザ・洗剤」を優待で貰うと家族に嫌われます・・・。

ということで、今回は久しぶりに食品からも選ぶことにしました。従業員オススメ商品からハンバーグなど選んでみましたが、結局レトルトハンバークとかも不評なんですよね・・・。昔は冷凍餃子などが食品カタログの定番だったのですが、どうも冷凍餃子も飽きてきているのか?あまり家族には好評ではありません。

株主優待で外食ばかりしている人も、食育を考えるとあまり良いことではないのでは?と思ったりしますね。まぁ反面教師で立派に育つかも知れませんが・・・。

追記)7月6日頃にゆうパックにて洗剤セットが到着しました。この優待を選んでからドラム式洗濯機が故障・・・、新しいものを買ったら電気屋のキャンペーンでアタック(衣料用洗剤)1年分を貰ったので、しばらくは洗剤セットは自重します。

日本管財ホールディングス(9347)の株主優待関連情報

逆日歩は前回は3.6円(MAX20.8円x3日)でした。日本管財は2023年にホールディングス化して、再び同様のカタログギフト優待になっています。これまで洗剤ギフトセットばかり貰っていましたが、心機一転、他のものも選んでみて再度ギフトカタログのいろいろなアイテムを試してみたいと思います。HD化しても同じ内容だと面白くないので、少し内容を刷新して欲しい部分もありますね。アンケートにはそう答えておきましたので、今後のラインナップに期待です。

株主優待クロス(タダ取り・つなぎ売り)取引戦略には下記の証券会社がオススメです。

一般信用売建が使えるネット取引は9社になりました。そこから松井証券auカブコム証券SBI証券楽天証券SMBC日興証券マネックス証券GMOクリック証券をうまく手数料や在庫数など見て使い分けたいところです。

下記3つは銘柄数や手数料を考えても使いやすいですね。メインにしている人多そうです。

その他に下記の3つの証券会社もサブ的に使えるようにしていると網羅できます。
  株・投資信託ならネット証券のマネックス

制度信用ならSBIネオトレード証券DMM.com証券手数料の安さでオススメです。

株主優待タダ取り(クロス取り)戦績
↑優待取りの一覧結果を年別にしています。今後の参考にどうぞ