すかいらーくホールディングス(3197)の株主優待が到着しました。
6月の優待クロス取引で、逆日歩を食らった銘柄が続々と届いています。

優待商品到着は9月17日頃でした。

すかいらーくホールディングス(3197)の銘柄情報

3197_201906_13197_201906_2

1000株以上で33,000円分の優待カードを頂いています。5000円x6枚、3000円x1枚ですね。これをすべて消化するのは結構時間がかかりますね。有効期限は約1年間なので、すかいらーくグループのお店はたくさんあるんで外食場所を考えれば消化は可能かと思います。

ただ、この優待は逆日歩37,200円の支払いで取得しているので、手数料も含めると約5,000円の損失ですかいらーくグループの店舗でしか使えない、有効期限ありのカードとなっています。今年の6月は失敗しすぎの株主優待クロス取引でした。

私はもともと家族で外食することがあまりないですし、外食小売り系の優待券は割が悪くてもすぐにヤフオク!に出品するぐらいです。今回はこのような事態になてしまったので、戒めの上でも失敗したことを自覚するために自己消化したいと思っています。

人気優待で個人的にそれほど要らないなら、一般信用で取れなかったら無理に制度信用は攻めないと徹底したいですね。あまり優待取りに気持ちが行き過ぎると魔が差して、余計な行動をとってしまいます。

すかいらーくホールディングス(3197)の銘柄情報

今回は逆日歩は37.2円(MAX15.2円x3日)でした。異常なほどの貸借状況(貸し残)になっていたので、逆日歩が出る前からオワタ感が広がっていましたね。次回の貸し残状況は気になるところです。

株主優待クロス(タダ取り・つなぎ売り)取引戦略には下記の証券会社がオススメです。

まずは一般信用売建が使えるネット取引は9社になりました。そこから松井証券カブドットコム証券SBI証券楽天証券SMBC日興証券マネックス証券GMOクリック証券をうまく手数料や在庫数など見て使い分けたいところです。

下記3つは銘柄数や手数料を考えても使いやすいですね。メインにしている人多そうです。

その他に下記の4つの証券会社もサブ的に使えるようにしていると網羅できます。
  株・投資信託ならネット証券のマネックス

制度信用ならライブスター証券DMM.com証券手数料の安さでオススメです。

 株主優待タダ取り(クロス取り)戦績
↑優待取りの一覧結果を年別にしています。今後の参考にどうぞ