【最近のECF事情】株式投資型クラウドファンディングのススメ

当方、2017年のFUNDINNO(ファンディーノ)の第一号案件から、すべての案件の情報を掲載して最近では個人的短評になりますが、全案件に目を通しています。

【株式投資型クラウドファンディング一覧表】調達規模、プレバリュー、評価、その後の動きなどのチェックに

もう5年の蓄積になっていますので、現在のECF(株式投資型クラウドファンディング)事情などを振り返ってみたいと思います。年別でざっくり書くと

  • 2017年(ECF黎明期、ファンディーノしかいない)
  • 2018年(同じくファンディーノが1社で頑張るも案件成立に苦心)
  • 2019年(ユニコーン1号案件登場、ファンディーノ厳しい時期あり)
  • 2020年(ECF元年、複数の業者が参入)
  • 2021年(コロナ禍、参入業者苦戦と好調くっきり)
  • 2022年(ファンディーノが件数で圧倒、ECFは選別色強まる)

思えば2020年がECF元年と言ってもいいぐらい参入業者も増えて、活性化が進みそうな時期でした。そこから約2年程度ですが、現在は投資家の選別色がかなり昔に比べて強くなっていると思います。

FUNDINNO(ファンディーノ)

特に業界最大手のFUNDINNO(ファンディーノ)さんが、案件数が多くスーパーマーケットのような取り揃えになっており、ここ最近は案件が切れ目なく出てきています。

成立・不成立も投資家任せの印象で、FUNDINNO(ファンディーノ)的にはもちろん全部おすすめで成立させたいと思って仕事をしているでしょうが、残念ながら取捨選別がかなりされている状況です。それでも投資家数も多く、資金集めしたい会社からはまずはFUNDINNO(ファンディーノ)で募集したいという状況ではないでしょうか?

新しいことに積極的なFUNDINNO(ファンディーノ)さんは業界の改革にも積極的です。最近の案件は特定投資家枠を付けて50万以上の出資が可能な状況にしています。ただし、これが使われているかというと、今のところ人気案件でも大口出資は見られてませんね。大口投資とECFを一緒にしてしまうよりは大口は別口にしたほうがスッキリするのかもしれません。

それでもECF業界の活性化に一番頑張っていて、複数回募集でちゃんとラウンドアップしていることも多いです。逆に数が多い分、解散や清算といった憂き目に合う案件も増えるのは仕方がないところでしょう。

後は東証グロースなどに上場案件として出るような大きなイグジット例を早く見せたいところかもしれません。


Unicorn(ユニコーン) が2番手として盛り上がった2020年ですが、最近は新規案件が少なく感じます。2番手という攻めやすいポジションを活かして、投資家にとって優しいサービスで伸びていましたが、これだけFUNDINNO(ファンディーノ)に件数で差をつけられると量より質をもっと特徴的にしないとというところでしょうか?

ユニコーン

Unicorn(ユニコーン) さんも最近は虎の子の人気案件ディビイさんが最近は満額調達など、間違いなく良い案件はあります。プラットフォームとしては募集側企業にも投資家側にもいい条件を提示するのは難しいところがあると思いますが、2番手ポジション戦略をもっと活かして欲しいですね。


案件100%成立中のイークラウドはこの点で戦略が上手です。明らかに質の確保に強みを持っています。

イークラウド

もともと出る案件全てに興味深さを感じていましたが、最速イグジット案件も出して名を上げましたね。さらにプラットフォームとしての安心感や信頼感が増したと思います。XTechグループの一員というのも大きく、XTechベンチャーズの出資企業がいくつかIPOを出している実情からすると、案件が可能性を感じるものが多いという納得感があります。

募集企業とイークラウドの一蓮托生感もよいですね。他のプラットフォームは繋ぎと支援がメインですが、イークラウドは協業というか共に成長を意識している雰囲気が強いです。


その他、CF Angelsはキャンプファイヤーと手を繋いだ時は、他のおこぼれ案件とかキャンプファイヤー絡みの案件が多かったですが、どうもキャンプファイヤーが手を引いたことで、事業としては注力を減らすかもしれません。どうやら別の募集事業も始めているので、そこで伸びた案件を出す程度になるかもしれませんね。

元GEMSEEのAngelNaviも現在、まだ2つの案件のみです。2022年に新案件を出しましたが、募集期間を延長して無理やり成立させたような気がするので、ちょっと怪しい気がするので様子見しか出来ないなというのが個人的感情です。

個人投資家が投資家登録しておきたい株式投資型クラウドファンディング業者の特徴と感想を随時更新

一先ずはFUNDINNO(ファンディーノ)Unicorn(ユニコーン)イークラウドでその都度出た案件をチェックして、自分に興味がある事業で伸びそうだと感じる案件待ちという状況になりそうですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

IPOデータ

【2022年のIPO戦績】
67戦 54勝13負0分 (勝率80.6%)
▼2021年のIPO上場結果表
126戦 104勝20負2分 (勝率82.5%)
IPOスケジュールを詳しく見る

株主優待情報

・次回の株主優待権利日は?
権利日:2022年12月20日
権利付き日:2022年12月16日
逆日歩日数:1日
・優待内容簡易チェック
完全版で調べる

未来のIPO株を持てる可能性

特別企画キャンペーン!
FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNO(ファンディーノ)でエンジェル投資家となって未来のIPO株を買おう!投資家登録でアマゾンギフト1,000円分プレゼント!


イークラウド

イークラウド

大和証券グループと連携の株式投資型クラウドファンディングサービス。


Unicorn(ユニコーン)

ユニコーン

案件には全て株主優待が付くなど、投資家向けに優しいECF。


株式投資型クラウドファンディング(ECF)リスト

オススメ証券会社(抜粋)

掲載証券会社の中から少しだけ紹介
2017年度 みんなの株式 ネット証券ランキング手数料部門【第1位(5年連続)】2017年IPO取扱開始!
使いやすい取引画面と、格安手数料。株主優待クロス取引にオススメ
手数料業界最安水準!取引ツールもFXで培った使いやすさ。さらにIPOも取り扱い!
使いやすさが抜群の証券会社。IPOは完全平等など初心者・個人投資家に優しい
トレーディングツール「マーケットスピード」が大人気、楽天で使えるポイントも貯まる。
国内株式個人取引シェアNo.1。手数料争いも常に最低レベル。基本口座に最適。IPOポイント制あり。
⇒全証券会社一覧を見る

FX口座情報

FX口座まとめページ
FXTF MT4で高次元のトレードが可能。多数の「オリジナルインディケータ」を搭載。
MT4業界最狭水準スプレッド、コスト重視派が認める約定力、シストレ口座に。
取引ツールの使いやすさNo.1。完璧な約定とスリッページなしで大切な機会を逃さない
楽しい食べ物系キャンペーンが人気の口座。もちろんその他のサービス面も優れているが、やはりキャンペーンにハマる!
⇒全掲載サービス一覧を見る

アーカイブ

プロフィール

黒澤女神像IPOやFX、その他お得な情報などを書いていこうと思います。みんなが見やすいようなブログつくりを目指します。
写真は「黄金の女神像」毎日見ればいいことあるかも?

黒澤の雑誌掲載

稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)
稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)

新興株の評価に参加しました。

【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)
【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)

複数のトレーダーの集計でのランキング、テーマ別で見やすいです。

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]

IPO参考サイトとしてフィスコと並んで掲載されました。

黒澤のIPO当選履歴

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。
2022年 当選銘柄:13銘柄
【5031 モイ 】
SBI証券 (1枚)
+43,200円
2022年度、差益+410,500円
2021年 当選銘柄:19銘柄
【4178 Sharing 】
SBI証券 (3枚)
+540,000円
2021年度、差益+901,400円

※ 差益は取引手数料を考慮していません。
※ 全て初値売りをしたシミュレーションです。裁量配分等、抽選と違う方法で入手した結果は掲載しておりません。

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。

アーカイブ

このページの先頭へ