2022年3月からは大手4社でスタート!クレジットカード決済による積立投信サービスのまとめ

ここ最近、ネット証券業界とクレジットカード界でブームになっているのが、クレジットカードを用いた投資商品が購入できてポイント還元が受けられるという、積立投信のクレジットカード決済になります。

credittoushi

2017年の法改正以降楽天証券が2018年にいち早く導入。これがかなり受けて一気に口座を増加させる要因になったと思います。

2020年にはライバルのSBI証券が銀行系最強クレカ三井住友カードと連携してサービスを開始。ライバル同士の熱い戦いがこの分野でも行われることになりました。

そして2022年に入ってマネックス証券auカブコム証券が同サービスを開始させます。還元率を1%以上にしてきており、業界の再活性化が進みそうで楽しみな状況です。

【投資でポイント還元】積立投信でクレジットカード払い出来る証券会社xクレジットカードまとめ

詳しくは上記ページでも随時更新してまとめております。各社の動きを少し紹介すると・・・


楽天証券 x 楽天カード

2018年にスタートしてからずっと1%還元で、このサービスを使って口座数なども伸ばしてきたと言えます。しかし、ここに来て楽天経済圏の大改悪が続いており、このサービスにもメスが入りました。

rakutentumitatehenkou

変更点は支払い方法が楽天カードクレジット決済と楽天キャッシュ決済の2つになります。良い点は合計して月に10万まで積立可能です。

  • 楽天カード→手数料によって0.2% or 1%還元
  • 楽天キャッシュ→0.5%還元(2022年中は1%予定)

今まで手数料が安い投資信託を買い付けていた場合は還元率改悪となります。しかしこのサービス変更を出した後に他社が1%程度の還元サービスを打ち出しているので、明らかに分が悪いことから見直しも出てくるかもしれません。

良い点としては月10万まで枠が生まれたことでしょうか?投資できる余裕がある人は、どうせなら還元を受けながら投資したいので枠が増えるのは嬉しいでしょう。


SBI証券 x 三井住友カード

楽天証券に対抗するように出てきましたが、手数料無料のナンバーレスカードだと通常0.5%の還元です。0.5%をデフォルトみたいな形にしてしまったかもしれません。そのせいで楽天証券も0.5%ぐらいまで下げてもいいだろうと判断していたら残念ですね。

それでも大手証券会社と大手クレジットカード会社が組んで0.5%の還元を毎月してもらえるのはありがたいです。年間で3000Pたまります。この2つの証券会社とクレジットカードはもとから持っているという人も多そうですし、そういう人はとりあえず積立投信クレカ購入したいですし、どちらかがない方は用意してスタートさせたいですね。

SBI証券もキャンペーンなどでもいいから標準1%還元まで上げてくるかも気になるところです(しないとマネックスやカブコムさんに移行する人増えそうなので)。


マネックス証券 + マネックスカード」

なんと言っても今一番熱いでしょう。1.1%の還元率と1%を少しでも超えてきました。いつまでこの状態でサービスしてくれるかですね。年間で6,600P貯まります。マネックスカードは利用していないと年会費が取られますが、積立投信サービスを使っていれば大丈夫です。

スタート時にはキャンペーンがあってさらにポイント還元があります。SBI証券楽天証券で今まで利用していた人もこちらのほうが還元率高いので乗り換え必至ですね。

マネックスカードはマネックス証券の口座がないと発行できないので注意が必要です。


auカブコム証券 x au PAYカード」

auカブコム証券auグループの特徴を活かしているのがポイントです。携帯回線がauやUQモバイルの方は還元率が特典があるうちは最大になりそうです。

還元ポイントはPontaポイントになりますが、au Payで利用できますので、最近は支払える場所が増えていて利用には困らないでしょう。

au経済圏もこうやって還元サービスを出すことで幅を広げてきました。なお、au PAYカードも完全手数料無料ではなくau系の回線が紐ついているか?1年間のうちに利用などの条件付きです。一応povo2.0の契約があってもOKですので、この際0円からトッピングできるpovo2.0で携帯回線の見直しをしてみても良いかもしれません。

またpontaポイントやau Payはあまり使ってなかった方も、こうなるとうまく使いこなさないとお得な還元に取り残される時代になりそうですね。私もこれを機会に家族会議して、キャッシュレス決済活用などのお勉強会を行いました。

なお、au Payカードを作る時に少しでも得したいならポイントサイト経由が良いですね。

202111101057050227 

ハピタスあたりが便利です。紹介キャンペーンがありますのでポイントプレゼント分も加算できます。

aupayhapitasu

なんだか増額で4,000pt貰える時もありました。時期によってポイント変動激しいですね。2,500ptでもアップしているので状況は良いです。


【投資でポイント還元】積立投信でクレジットカード払い出来る証券会社xクレジットカードまとめ

最大ポイント還元で年間Pゲット数を計算すると

人によって適用できる分量が変わってくると思いますが最大で年間57,600P貯めることも出来ますね。控えめに4つ満たしても18,600Pぐらいは年間でゲットできるでしょう。

年間で18,600Pゲットできるのを少ないと見るか多いと見るかは人それぞれですが、個人的にはクレジットカード購入を通すだけでこれだけ貰えるなら是非やりたいなと思っています。ポイント還元きっかけでも投信購入をする人が増えるなら業界にとっても顧客にとってもWin-Winなサービスだと思います。これは是非、推進したいし盛り上がって欲しいですね。

上記2社は今後の参入期待できるかもしれません。サービス活性化すると他社もやろうという気になりそうですし、こういったWin-Winで嬉しいサービスは流行って欲しいですね。個人的には大手がやるサービスは全部制覇の予定で頑張ります!

コメントを残す

サブコンテンツ

IPOデータ

【2022年のIPO戦績】
24戦 18勝6負0分 (勝率75.0%)
▼2021年のIPO上場結果表
126戦 104勝20負2分 (勝率82.5%)
IPOスケジュールを詳しく見る

株主優待情報

・次回の株主優待権利日は?
権利日:2022年06月20日
権利付き日:2022年06月16日
逆日歩日数:1日
・優待内容簡易チェック
完全版で調べる

未来のIPO株を持てる可能性

特別企画キャンペーン!
FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNO(ファンディーノ)でエンジェル投資家となって未来のIPO株を買おう!投資家登録でアマゾンギフト1,000円分プレゼント!


イークラウド

イークラウド

大和証券グループと連携の株式投資型クラウドファンディングサービス。投資家登録で選べる電子マネー1,000円分プレゼント!5月31日まで


Unicorn(ユニコーン)

ユニコーン

案件には全て株主優待が付くなど、投資家向けに優しいECF。


株式投資型クラウドファンディング(ECF)リスト

オススメ証券会社(抜粋)

掲載証券会社の中から少しだけ紹介
2017年度 みんなの株式 ネット証券ランキング手数料部門【第1位(5年連続)】2017年IPO取扱開始!
使いやすい取引画面と、格安手数料。株主優待クロス取引にオススメ
手数料業界最安水準!取引ツールもFXで培った使いやすさ。さらにIPOも取り扱い!
使いやすさが抜群の証券会社。IPOは完全平等など初心者・個人投資家に優しい
トレーディングツール「マーケットスピード」が大人気、楽天で使えるポイントも貯まる。
国内株式個人取引シェアNo.1。手数料争いも常に最低レベル。基本口座に最適。IPOポイント制あり。
⇒全証券会社一覧を見る

FX口座情報

FX口座まとめページ
FXTF MT4で高次元のトレードが可能。多数の「オリジナルインディケータ」を搭載。
MT4業界最狭水準スプレッド、コスト重視派が認める約定力、シストレ口座に。
取引ツールの使いやすさNo.1。完璧な約定とスリッページなしで大切な機会を逃さない
楽しい食べ物系キャンペーンが人気の口座。もちろんその他のサービス面も優れているが、やはりキャンペーンにハマる!
⇒全掲載サービス一覧を見る

アーカイブ

プロフィール

黒澤女神像IPOやFX、その他お得な情報などを書いていこうと思います。みんなが見やすいようなブログつくりを目指します。
写真は「黄金の女神像」毎日見ればいいことあるかも?

黒澤の雑誌掲載

稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)
稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)

新興株の評価に参加しました。

【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)
【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)

複数のトレーダーの集計でのランキング、テーマ別で見やすいです。

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]

IPO参考サイトとしてフィスコと並んで掲載されました。

黒澤のIPO当選履歴

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。
2022年 当選銘柄:3銘柄
【5031 モイ 】
SBI証券 (1枚)
+43,200円
2022年度、差益+245,100円
2021年 当選銘柄:19銘柄
【4178 Sharing 】
SBI証券 (3枚)
+540,000円
2021年度、差益+901,400円

※ 差益は取引手数料を考慮していません。
※ 全て初値売りをしたシミュレーションです。裁量配分等、抽選と違う方法で入手した結果は掲載しておりません。

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。

アーカイブ

このページの先頭へ