「ポイント投資」の記事一覧

いよいよ新年度!新しいシーズンに始めたい投資

4月から新年度の始まりということで、世間では入社式など社会が新しくスタートする雰囲気に包まれていますね。桜もたくさん咲いており、気持ちも新しいことをしよう!という気持ちになります。 一方で長くコロナ禍で閉塞感に慣れてしまっていることもあって、気持ちがなかなか前向きに行かないという人も多いかも知れません。 新年度のスタートで投資方面で新しいこととして、まだ初めてないという方は「クレジットカード決・・・

2022年3月からは大手4社でスタート!クレジットカード決済による積立投信サービスのまとめ

ここ最近、ネット証券業界とクレジットカード界でブームになっているのが、クレジットカードを用いた投資商品が購入できてポイント還元が受けられるという、積立投信のクレジットカード決済になります。 2017年の法改正以降楽天証券が2018年にいち早く導入。これがかなり受けて一気に口座を増加させる要因になったと思います。 2020年にはライバルのSBI証券が銀行系最強クレカ三井住友カードと連携してサ・・・

【ポイント投資】2022年はクレジットカードでの積立投資信託購入に激しい動きか?

クレジットカードで積立投信が購入できるサービスは楽天証券がグループの楽天カードとの組み合わせでスタートすることで2018年にいち早くサービスをスタートさせました。また還元率も1%と高還元だったのが強みでした。 【投資でポイント還元】積立投信でクレジットカード払い出来る証券会社xクレジットカードまとめ 楽天エコシステムを存分に使って、人気が急増!楽天証券の口座数が一気に増えてきたのもこの頃からで・・・

マネックスカードを用いた積立投信は2月下旬スタート予定に!

マネックスカードの発行開始は2021年5月ですので、ギリギリ一年以内に投信積立がクレジットカードで買えるサービスをマネックス証券がスタートできそうです。 マネックスカードの発行元が新生銀行グループのアプラスですので、皆さんも御存知のように新生銀行はいろいろありましたので時間がかかったと言えるでしょう。結局、マネックス証券にとってはライバルとなるSBI証券傘下に新生銀行が入ることになっているので、・・・

【Vポイントの使いみち】V POINT残高に充当してカード支払い決済に使おう【Amazonギフト券へ等価交換】

SBI証券にて三井住友カード(NL)を利用した投信積立購入にてVポイントが結構貯まってきた人が多いのではないでしょうか?私も三井住友カード(NL)のカード発行時のキャンペーンと合わせて1万円分以上のポイントが貯まりましたので、Vポイントの利用法(消化方法)について少し紹介しておこうと思います。 SBI証券x三井住友カードのクレジット決済で投資信託の積立可能に!Vポイントが貯まる! ・・・

節操のないPontaくん、SBI証券でも投資に使えるように!

2021年11月からSBI証券での投資にPontaポイントが使えるようになりました。具体的には100円分から投資信託のスポット買付に充当が可能になっています。 投資信託が買えるということは「日本債券連動型のインデックスファンド」でも買ってすぐに売却すれば、ほとんど値動きなく現金化という行動が取れますので、Pontaポイントの価値が非常に高まったと言えるでしょう(もちろん普通に好きな投資に使っ・・・

auカブコム証券がPontaポイントでポイント投資を開始でキャンペーン!各証券会社のポイント投資状況

auカブコム証券は2020年9月26日から共通ポイントサービス「Pontaポイント」で投資信託の買付ができる「ポイント投資」の提供を開始しました。 「auカブコム証券」x「Pontaポイント」という図式になって証券会社がポイント投資できる体制を整えるのが当たり前になってきています。auカブコム証券では現在ポイント投資スタートキャンペーンを行っていて、ポイント投資サービスを流行らせるための施策・・・

dカードを作成!dポイントは今までスルーしてきたけどスルーできないポイントになってる?

ポイント投資戦国時代というかポイント還元サービスもかなり競争が激しくなっている中、私の中では「dポイント」は普段の生活であまり活用していませんでした。 ただ、あまりにも街なかのサービスなどで「dカード/dポイントカード持っていますか?」と言われる場面が多く、再び損をしないような態勢を整えています。 とりあえず、dポイントのポイントカードを含むクレジットカードdカードを作りました。 最大何・・・

ポイント投資をうまく活用する情報をまとめ中

IPOがどんどんと中止になる中、IPOの情報更新で忙しかった部分がなくなりましたので、いろいろと他の投資作戦を考える時間ができました。その中でも「ポイント投資」は対応証券会社も増えてきて、しっかりチェックしておくことでやるとやらないでは年間を通して差が出てくるようになってきていると感じます。 細かいことですが、日常のポイントをちゃっかり貯めて、しっかり無駄なく投資に回せるように今回まとめましたの・・・

【ポイント投資】楽天証券で楽天スーパーポイントで株が買えるように!

楽天証券では今まで投資信託にしかポイントが使えませんでしたが、2019年10月28日から株式の購入にも楽天スーパーポイントが使えるようになったようです。 楽天商圏でいろいろ経済活動をして楽天スーパーポイントがたくさん貯まる人にとってはかなり朗報と言えるでしょう! 私も楽天証券で投資信託を楽天カードからクレジット決済で投資信託の積立を行っており、ちょうど1年程度経って下記の方法で6,000P・・・
サブコンテンツ

IPOデータ

【2022年のIPO戦績】
46戦 34勝12負0分 (勝率73.9%)
▼2021年のIPO上場結果表
126戦 104勝20負2分 (勝率82.5%)
IPOスケジュールを詳しく見る

株主優待情報

・次回の株主優待権利日は?
権利日:2022年09月30日
権利付き日:2022年09月28日
逆日歩日数:3日
・優待内容簡易チェック
完全版で調べる

未来のIPO株を持てる可能性

特別企画キャンペーン!
FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNO(ファンディーノ)でエンジェル投資家となって未来のIPO株を買おう!投資家登録でアマゾンギフト1,000円分プレゼント!


イークラウド

イークラウド

大和証券グループと連携の株式投資型クラウドファンディングサービス。


Unicorn(ユニコーン)

ユニコーン

案件には全て株主優待が付くなど、投資家向けに優しいECF。


株式投資型クラウドファンディング(ECF)リスト

オススメ証券会社(抜粋)

掲載証券会社の中から少しだけ紹介
2017年度 みんなの株式 ネット証券ランキング手数料部門【第1位(5年連続)】2017年IPO取扱開始!
使いやすい取引画面と、格安手数料。株主優待クロス取引にオススメ
手数料業界最安水準!取引ツールもFXで培った使いやすさ。さらにIPOも取り扱い!
使いやすさが抜群の証券会社。IPOは完全平等など初心者・個人投資家に優しい
トレーディングツール「マーケットスピード」が大人気、楽天で使えるポイントも貯まる。
国内株式個人取引シェアNo.1。手数料争いも常に最低レベル。基本口座に最適。IPOポイント制あり。
⇒全証券会社一覧を見る

FX口座情報

FX口座まとめページ
FXTF MT4で高次元のトレードが可能。多数の「オリジナルインディケータ」を搭載。
MT4業界最狭水準スプレッド、コスト重視派が認める約定力、シストレ口座に。
取引ツールの使いやすさNo.1。完璧な約定とスリッページなしで大切な機会を逃さない
楽しい食べ物系キャンペーンが人気の口座。もちろんその他のサービス面も優れているが、やはりキャンペーンにハマる!
⇒全掲載サービス一覧を見る

アーカイブ

プロフィール

黒澤女神像IPOやFX、その他お得な情報などを書いていこうと思います。みんなが見やすいようなブログつくりを目指します。
写真は「黄金の女神像」毎日見ればいいことあるかも?

黒澤の雑誌掲載

稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)
稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)

新興株の評価に参加しました。

【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)
【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)

複数のトレーダーの集計でのランキング、テーマ別で見やすいです。

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]

IPO参考サイトとしてフィスコと並んで掲載されました。

黒澤のIPO当選履歴

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。
2022年 当選銘柄:7銘柄
【5031 モイ 】
SBI証券 (1枚)
+43,200円
2022年度、差益+279,600円
2021年 当選銘柄:19銘柄
【4178 Sharing 】
SBI証券 (3枚)
+540,000円
2021年度、差益+901,400円

※ 差益は取引手数料を考慮していません。
※ 全て初値売りをしたシミュレーションです。裁量配分等、抽選と違う方法で入手した結果は掲載しておりません。

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。

アーカイブ

このページの先頭へ