2019年3月25日約定分からマネックス証券が一般信用の「売建取引」サービスを開始しました!

株・投資信託ならネット証券のマネックス

ホームページの一覧リストを見たところ、ざっくりと300弱銘柄が用意されていますね。

monex_uritatelist

在庫表示は「多」「少」「無」となっていて最終日の朝見たところでは「無」表示がそこそこ見られました。というか個人的によく取っている銘柄は「無」が多くてちょっと先が思いやられるかもしれません。

1週前に開始したSMBC日興証券の一般信用売建サービスが在庫量の面でもスペック面でもかなり衝撃的で業界図を塗り替えるようなサービスとなっています。3月の時期にしっかりと使えるサービスを用意してきたので、多くの方が恩恵に預かったと思います。

マネックス証券は3月優待のギリギリスタートということで、ややインパクトは薄れたと思いますが、私の一般信用売建可能銘柄リストには4月優待前には完成形でお届けできればと思っています。

証券会社7社(松井・カブドットコム・SBI・楽天・GMOクリック・大和・岩井コスモ)一般信用売り建て可能銘柄リスト

現在、SMBC日興証券追加版も公開していますが、在庫数を見ていて明らかにSMBC日興証券の強みを感じていて、他のネット証券が少し余っているというのは嬉しいですね。この動きで、株不足がどうなるのか?制度信用の逆日歩にも異変が起きれば、さらに優待クロス取引がしやすくなりそうです。

SMBC日興証券がスタート開始からあまりにも衝撃的な状況ですが、マネックス証券も他のネット証券の用に徐々にラインナップや在庫量を増やして対抗して欲しいところです。

ただ、ここまで競争が激しくなると、あえて手数料が高い証券会社を利用する理由がありませんマネックス証券はとりあえず一般信用売建に関しては4月中はキャンペーンでキャッシュバックがありますので、使えなくはないですが、今後は厳しいサービス競争の中でどう動くかですね。

株・投資信託ならネット証券のマネックス

マネックス証券が一般信用売建サービスを開始したことで5大ネット証券+1が全て出揃いました。カブドットコム証券が独占して甘い蜜を吸ってきた分野だと思いますので、この先のサービス競争が楽しみになりましたね。