株式投資型クラウドファンディングの情報一覧リストを作成中

当方の得意とするとことは情報分析かと思いますので、今後さらに期待が高まる「株式投資型クラウドファンディング」についてしっかりとまとめていくことにしました。

【株式投資型クラウドファンディング一覧表】調達規模、プレバリュー、その後の動きなどのチェックに

kabufundlist

まだまだ、情報がしっかり集まっていないのですが2017年から現時点で3社の提供している案件をまとめています。

今のところ案件の情報をまとめているところですが、これがデータが集まってくると今後の評価に繋がるデータになると思っています。例えば「どういった案件が人気があるのか?」「イグジットに行った案件の特徴は?」「不人気になりやすい案件の特徴は?」「怪しい案件、魅力的な案件の判別」などです。

サービス業者からはどの銘柄も等しく魅力ある案件として出してくると思いますが、やはりその中でも違いはたくさんあります。そういったものを炙り出せるようになって、株式投資型クラウドファンディングに興味がある皆さんの助けになればと思っています。

個人的にはクラウドファンディングに関しては懐疑的な見方をずっと引きずっています。やはり業界としてまだまだ新しいサービスなので未熟な部分や不透明な部分が多く、この時点でお金を投資するのには躊躇する部分があります。ただ、提供している業者さんの頑張りもあり徐々に浸透しつつありますし3年程度たったことから出口状況が見えてくるようになりました。

もうそろそろ第一号のIPOが見られても良い頃ですし、そうなるとさらに注目の的となり今のような投資しやすい環境がなくなる(人気が集中して投資したい案件に投資できない)ことも起きるかもしれません。

またクラウドファンディングの中には「購入型」「寄付型」「融資型」「投資型(株式)」とありますが、私の中で「株式投資型クラウドファンディング」が一番しっくり来ます。やはりIPOを追っかけてきたのもあるので、「未来のIPO株に投資できるかもしれない」というのは大きな魅力です。

今まで株式投資型クラウドファンディングを見てきて感じるのは一口馬主と似たようなところがたくさんあるなと思っています。もしかしたら未来のG1馬に投資できるかもしれない。今年はデアリングタクトでその夢のような瞬間を得ていますので、未来のIPO予備軍への投資意欲は高まっています。

とは言え一口馬主もそうなのですが、決して割の良い投資手段とは言えないと思っています。どちらかというと多くの方がマイナスを抱えながらも期待感を楽しんでいるというところも感じています。一口馬主は相馬感が試されていますし、株式投資型クラウドファンディングも企業を見る目が試されています。ちょっとしたV.C.(投資ファンド)気分が味わえるのも魅力ですね。

当サイトを見てくれている方はIPO株で多少儲けている人も多いと思いますので、そのIPOで儲けたお金を未来のIPOの可能性に投資してみるというのはとてもいい循環かな?と感じますね。

最後に現在まとめている株式投資型クラウドファンディング業者さんを紹介しておきます。

FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNO(ファンディーノ)

業界No.1の案件数と累積成立募集額を誇ります。さらにイグジット案件も出てきていますし、業界一番手として、正統進化しています。

Unicorn(ユニコーン)

ユニコーン

私はUnicorn(ユニコーン)さんには非常に期待しています。FUNDINNO(ファンディーノ)の独走状態だと案件に緩みが出てきそうで、Unicorn(ユニコーン)の方が数少なく出している印象。さらに必ず株主優待をつけるなど、投資家がわに魅力的なものを用意している姿勢です。今後、結果を出すことで優良案件はどちらに大きのか?勝負になってほしいですね。

イークラウド

イークラウド

現在1号案件募集中の第3の矢、イークラウドです。大和証券系ですね。まだまだ得意とする分野が図れてないですが、やはり業者が増えるほど競争原理が働きますので期待しています。

【株式投資型クラウドファンディング一覧表】調達規模、プレバリュー、その後の動きなどのチェックに

今後は案件に対して軽い評価もしていくことで、さらにエンジェル投資に関する勉強も重ねていきたいと思っています。デアリングタクトのように当たり案件を引き当てたいですね!

Unicorn(ユニコーン) が新規会員登録キャンペーン!アマゾンギフト1,000円分プレゼント!
さらに限定キャンペーンコードで500円分追加!合計1,500円に!
ユニコーン
キャンペーンコードは「unicorn9」をキャンペーンコード入力フォームに記入!
Unicorn(ユニコーン)が秋の新規会員登録キャンペーンを開始!

2 Responses to “株式投資型クラウドファンディングの情報一覧リストを作成中”

  1. ヤマモト イチロウ より:

    ティアンドエス SBI  ポイント385p行きましたが駄目でした

    いったい何ポイントで?GETでしたか

    • 黒澤 より:

      ティアンドエスはSBIでの枚数が少なすぎてボーダーの推測が難しいですね。
      少なくとも400P じゃ足らない様子です。
      400~600Pと幅が広いですが、そのぐらいの勝負になっていると思われます。

コメントを残す

サブコンテンツ

IPOデータ

【2020年のIPO戦績】
52戦 32勝19負1分 (勝率61.5%)
▼2019年のIPO上場結果表
90戦 77勝12負1分 (勝率85.6%)
▼IPOスケジュール
トレーダーズ・プレミアム
銘柄分析・初値予想などIPO情報に強い!

未来のIPO株を持てる可能性

秋の新規会員登録キャンペーン! アマゾンギフト1,000円分プレゼント!さらに限定で+500円分


FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNO(ファンディーノ)でエンジェル投資家となって未来のIPO株を買おう!


イークラウド

イークラウド

大和証券グループと連携の株式投資型クラウドファンディングサービス

株主優待情報

・次回の株主優待権利日は?
権利日:2020年10月20日
権利付き日:2020年10月16日
逆日歩日数:1日
・優待内容簡易チェック
完全版で調べる

オススメ証券会社(抜粋)

掲載証券会社の中から少しだけ紹介
郵政グループIPOでは3銘柄全て当選!主幹事にもなる穴場証券。2016年も主幹事案件豊富で絶好調
2017年度 みんなの株式 ネット証券ランキング手数料部門【第1位(5年連続)】2017年IPO取扱開始!
使いやすい取引画面と、格安手数料。株主優待クロス取引にオススメ
ネット証券最大の口座数。手数料争いも常に最低レベル。基本口座に最適。IPOポイント制あり。
手数料業界最安水準!取引ツールもFXで培った使いやすさ。さらにIPOも取り扱い!
常に顧客にとって満足の行くサービスを率先して行う。IPOは平等抽選。株主優待にもオススメ
比べて分かる業界最安値水準の手数料、2015年上場のIPO引受率44.5%の実績
使いやすさが抜群の証券会社。IPOは完全平等など初心者・個人投資家に優しい
表にあまり表れない信用取引の金利コストなどかなり低コストで頑張っている。IPOは少ないが通常取引を安くするのに最適。特に信用取引に強い
トレーディングツール「マーケットスピード」が大人気、楽天で使えるポイントも貯まる。
⇒全証券会社一覧を見る

FX口座情報

FX口座まとめページ
FXTF MT4で高次元のトレードが可能。多数の「オリジナルインディケータ」を搭載。
MT4業界最狭水準スプレッド、コスト重視派が認める約定力、シストレ口座に。
取引ツールの使いやすさNo.1。完璧な約定とスリッページなしで大切な機会を逃さない
楽しい食べ物系キャンペーンが人気の口座。もちろんその他のサービス面も優れているが、やはりキャンペーンにハマる!
⇒全掲載サービス一覧を見る

アーカイブ

プロフィール

黒澤女神像IPOやFX、その他お得な情報などを書いていこうと思います。みんなが見やすいようなブログつくりを目指します。
写真は「黄金の女神像」毎日見ればいいことあるかも?

黒澤の雑誌掲載

稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)
稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)

新興株の評価に参加しました。

【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)
【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)

複数のトレーダーの集計でのランキング、テーマ別で見やすいです。

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]

IPO参考サイトとしてフィスコと並んで掲載されました。

黒澤のIPO当選履歴

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。
2020年 当選銘柄:9銘柄
2020年度、差益+708,400円
2019年 当選銘柄:16銘柄
2019年度、差益+809,000円
2018年 当選銘柄:25銘柄
2018年度、差益+2,099,700円

※ 差益は取引手数料を考慮していません。
※ 全て初値売りをしたシミュレーションです。裁量配分等、抽選と違う方法で入手した結果は掲載しておりません。

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。

アーカイブ

このページの先頭へ