SBIソーシャルレンディングの事件について思うこと

2021年4月2日にSBIソーシャルレンディングが「顧客が案件に投資した損失を全額補填」すると発表しました。その結果、SBIソーシャルレンディングの損失額は150億となるそうです。ちょうど他の金融機関が海外投資家の巨額損失を立て続けに発表していて、埋もれて同じように見ている人もいるようです。

sbisociallending

本来、ソーシャルレンディングなどで投資家が投資したものに損失補填することは金融商品取引法で禁止されています。今回は例外として補填が認められる見込みのようです。

私はソーシャルレンディングには「みんなのクレジット」を過去の紹介していた苦い過去があるので、それ以降サイト上で紹介することはなるべく避けてきました。

私個人的にはソーシャルレンディング自体は仕組みは面白いと思っていますが、投資する先の内容が全く見えないという部分で、危険性が高いところを払拭されていないとは感じています。いつも事件として起きてしまっているのは「集めたお金の使われ道」です。

当時、みんなのクレジットを紹介していたときはかなり口座開設なり、投資したらギフト券が貰えたり、投資先からお米が届いたりと投資家に対する条件が良かったので、私も面白いと思っていました(今も似たような施策をしているところもありますが、そういった過去があるため私は貸付型のソーシャルレンディングはお得な状況があっても積極的に紹介していません)。しかも事件前に社長へ直接インタビューまでして紹介しようとしていた矢先の事件で、インタビューした内容はお蔵入りとなっています。

そのインタビューでは私が直接社長と対談しているのですが、その後に「ポンジスキーム」が発覚。正直、私は直前にインタビューしていたので社長の発言が「嘘のなのか、本気でそう思っているのか?」とい形で記憶にずっと止めています。ただ、お金に関連している人の目つきとか言い草というのは、ほとんど信用してはいけないなというのも経験しました。

その後、2018年には日本では最大手の「maneo」で投資を他の目的で使われていて、行政処分勧告となっています。とりあえず上記2つはお金が帰ってきておらず裁判が進んでいますね。今後、結果の情報が色々出るでしょうが、投資した方のお金は返ってこないと思います。

ソーシャルレンディング含め、新しい仕組みの投資案件には大きなリスクを多分に含んでいます。だからこそ、ソーシャルレンディングは高金利で投資案件を提供しているとも言えます。個人的には銀行の体力がなく貸し渋りなどが全国的に起きている中では、ソーシャルレンディングを含めた新しい仕組みでの投資というのは、今後スタンダードになっていくとは思っています。

しかし、今回思うことはSBIソーシャルレンディングは投資家の損失を全額補填すると素早く発表しました。やはりSBIの冠が付いていることで、事業に対しての不信感を払拭したいのでしょう。事業者側も信頼感が必要なビジネスをしていることから信用の回復が一番にありそうです。

それを考えるとバックボーンとして事業者の信頼性が高いところというのも判断のひとつになるかも知れませんね。

私は現在、株式投資型クラウドファンディングの仕組みが非常に楽しいと感じて、全案件を目を通してリスト化するなどして、案件を紹介しています。もちろん自分自身でも何個か案件投資をしています。

【株式投資型クラウドファンディング一覧表】調達規模、プレバリュー、評価、その後の動きなどのチェックに

株式投資型クラウドファンディングが前述のソーシャルレンディングとの違う点は、投資先の会社であったり事業内容がしっかり分かる点です。ただ、その事業内容が未来に伸びることに期待するものですので、正直かなりハイリスク案件と言えるでしょう。

自分がどういったものに投資しているかをしっかり意識して、また自分の資金の中でそのリスクに対して投資して良い金額をしっかり決めてから投資したいですね。だいたい失敗する人の多くは、資金管理が出来てなく一気に多額の損失を出す人が多いと思います。

私自身は新しいものにはチャンスがたくさんあると思っているので、基本的には積極的に推進する派だと思います。IPOだって上場市場では新しいものの代表みたいなものですよね。チャンスとリスクは表裏一体ですが、投資するに当たってなんでも早い段階というのは少しお得な部分が多いです。

株式投資型クラウドファンディングも投資家登録でアマゾンギフト券をプレゼントなんていずれなくなるでしょう。FXも各社のサービスが乱立していた頃はキャンペーンがかなりお得でした。やはりそういった時期にリスクをしっかり理解して参加しておくというのは重要かと思います。

しかし、貸付型のソーシャルレンディングに対してはせめて投資先の情報にもう少し透明性がないと、似たような事件は防ぎようがないようにも感じますね。

IPO取扱銘柄数業界トップ水準、ダイレクト口座信用取引は取引手数料無料!

株取引キャンペーン実施中!うまく活用しよう!

コメントを残す

サブコンテンツ

IPOデータ

【2021年のIPO戦績】
31戦 31勝0負0分 (勝率100.0%)
▼2020年のIPO上場結果表
94戦 70勝23負1分 (勝率74.5%)
▼IPOスケジュール
トレーダーズ・プレミアム
銘柄分析・初値予想などIPO情報に強い!

未来のIPO株を持てる可能性

コラボキャンペーン!
FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNO(ファンディーノ)でエンジェル投資家となって未来のIPO株を買おう!投資家登録でアマゾンギフト1,000円分プレゼント!


イークラウド

イークラウド

大和証券グループと連携の株式投資型クラウドファンディングサービス。


Unicorn(ユニコーン)

ユニコーン

案件には全て株主優待が付くなど、投資家向けに優しいECF。


株式投資型クラウドファンディング(ECF)リスト

株主優待情報

・次回の株主優待権利日は?
権利日:2021年05月15日
権利付き日:2021年05月12日
逆日歩日数:3日
・優待内容簡易チェック
完全版で調べる

オススメ証券会社(抜粋)

掲載証券会社の中から少しだけ紹介
2017年度 みんなの株式 ネット証券ランキング手数料部門【第1位(5年連続)】2017年IPO取扱開始!
使いやすい取引画面と、格安手数料。株主優待クロス取引にオススメ
ネット証券最大の口座数。手数料争いも常に最低レベル。基本口座に最適。IPOポイント制あり。
手数料業界最安水準!取引ツールもFXで培った使いやすさ。さらにIPOも取り扱い!
使いやすさが抜群の証券会社。IPOは完全平等など初心者・個人投資家に優しい
トレーディングツール「マーケットスピード」が大人気、楽天で使えるポイントも貯まる。
⇒全証券会社一覧を見る

FX口座情報

FX口座まとめページ
FXTF MT4で高次元のトレードが可能。多数の「オリジナルインディケータ」を搭載。
MT4業界最狭水準スプレッド、コスト重視派が認める約定力、シストレ口座に。
取引ツールの使いやすさNo.1。完璧な約定とスリッページなしで大切な機会を逃さない
楽しい食べ物系キャンペーンが人気の口座。もちろんその他のサービス面も優れているが、やはりキャンペーンにハマる!
⇒全掲載サービス一覧を見る

アーカイブ

プロフィール

黒澤女神像IPOやFX、その他お得な情報などを書いていこうと思います。みんなが見やすいようなブログつくりを目指します。
写真は「黄金の女神像」毎日見ればいいことあるかも?

黒澤の雑誌掲載

稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)
稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)

新興株の評価に参加しました。

【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)
【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)

複数のトレーダーの集計でのランキング、テーマ別で見やすいです。

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]

IPO参考サイトとしてフィスコと並んで掲載されました。

黒澤のIPO当選履歴

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。
2021年 当選銘柄:5銘柄
【4178 Sharing 】
SBI証券 (3枚)
+540,000円
2021年度、差益+908,700円
2020年 当選銘柄:17銘柄
2020年度、差益+2,389,000円
2019年 当選銘柄:16銘柄
2019年度、差益+809,000円

※ 差益は取引手数料を考慮していません。
※ 全て初値売りをしたシミュレーションです。裁量配分等、抽選と違う方法で入手した結果は掲載しておりません。

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。

アーカイブ

このページの先頭へ