株式投資型クラウドファンディングに対する投資姿勢と見解

先日Unicorn(ユニコーン) から第2号案件の申込が始まったかと思うと即日完売で活況な株式投資型クラウドファンディングです。

unicorn_2gou

Unicorn(ユニコーン) 2号案件は健康をテーマにした企業でした。1月14日火曜日に申込を開始、17日まででしたが14日中に上限募集(5750万)まで埋まっています。

また、現在取引量日本一で案件数も次々と出ているFUNDINNO(ファンディーノ)も好調が続いていて、すでに成約件数78件、投資家数も2万以上と伸ばしています。こちらも案件が出ればほぼ満口になる人気ぶりです。

FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNO(ファンディーノ)はクリスマスあたりから再び投資家登録でキャンペーンをするようになりました。登録だけでギフト券もらえるので、投資家登録するなら時期もいいですね。

FUNDINNO(ファンディーノ)を知るセミナーに参加してきました

私は過去にFUNDINNO(ファンディーノ)さん主催のセミナーに参加して「株主投資型クラウドファンディング」についていろいろと勉強してきました。サービス運営者主催のセミナーなので、当然宣伝っぽい流れもあるかと思いますが、「投資に対して正確に知ってもらう」という姿勢で、「出口に対して長い我慢がいること」「ハイリスクな案件であること」「個人型募集では株主数が多くなってしまうこと」などいろいろなデメリットも教えていただきました。

その後、COOで共同代表の大浦さんとは一対一でお会いしたこともあり、その時も「案件をしっかり良い部分も悪い部分も評価して欲しい」といったお願いをされるなど、エンジェル投資の民主化に熱心であると同時に、多くの方にリスクとリターンを正しく知ってほしいと伝えていらっしゃったのが印象的です。

株式投資型クラウドファンディングはクラウドファンディングこそ増えてきたものの、実際に株券を持って投資するということで、サービスを運営できる会社(第一種少額電子募集取扱業者)は限られており今のところ個人投資家が参加するならFUNDINNO(ファンディーノ)Unicorn(ユニコーン) の2社ということになります。そのため、供給が少なく案件が出たら申込が殺到状態になっている印象です。

それでも、まだまだサービスとしては新興でリスクもあったり、「知らないものは怖い」という人も多いので、かろうじて投資したいものに急げば投資できる状況に感じます。

また質問でもよく頂くのですが、「エンジェル投資で多くの個人に募集するということは、ベンチャーキャピタルなどから資金を集められなかった投資不適格な企業の印ではないか?」ということです。FUNDINNO(ファンディーノ)Unicorn(ユニコーン) にも審査部門があって案件をかなり絞っているでしょうが、それでも確かにVCなどよりも甘い可能性はあると思います。ただ、それでも個人がこういった面白いことをやってそうなスタートアップに投資できる機会はなかなかないと思います。

案件の内容(事業)をちゃんと確認できるのが、他のクラウドファンディング事業(不動産とか)に比べて優位点があって、投資する方も何に使われているか納得できます。IPOでさえ、上場してから下方修正であったり、不正経理などが明るみになることもあります。私は過去に「FOI」という銘柄で手痛い失敗をしました。ちょうど同じ市に住んでいた時期でもあり、会社の場所まで見に行ったこともあった銘柄です。

FUNDINNO(ファンディーノ)Unicorn(ユニコーン) が出してくる案件の「プロジェクト詳細」をみると「技術の面白い話」「5年後上場予定」「売上急上昇のグラフ」など眉唾ものの情報が並んでいます。これらは話半分に見つつも、個人的に「面白い」「応援したい」となればIPO初値売りなどで得た利益をこちらに回してみるぐらいで投資しています。

とは言っても、まだまだ話題性的には新しいサービスの印象である「株式投資型クラウドファンディング」です。しかもリターンは長い目で見ないといけないのに全案件でかなり活況な投資状況を見ると、いかに個人投資家が金余りで投資したいところを探しているのか?と感じますね。私は他のソーシャルレンディング系よりも、しっかりと株券を持つ事ができる「株式投資型クラウドファンディング」の仕組みのほうが好きです。

そのため、今後もクラウドファンディングに投資するならFUNDINNO(ファンディーノ)Unicorn(ユニコーン) の案件を優先して投資していこうと思っています。

ユニコーン

Unicorn(ユニコーン)は半年でまだ2件といったペースの案件数です。しっかり絞って出しているのか?なかなか良案件を集められないのか理由は分かりませんが、募集時のシステムに不安があるなど、まだまだ新しい印象ですね。

FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNO(ファンディーノ)は先行者として、次々と案件を出し乗りに乗っています。キャンペーンなどで投資家を集める余裕も出てきました。新しい仕組みも増え、さらにイベントなどで普及にも積極的です。特にAI・IoT系ビジネスなどの募集は人気を集めていますね。

IPO取扱銘柄数業界トップ水準、ダイレクト口座信用取引は取引手数料無料!

SMBC日興証券にインタビューしてきました!

コメントを残す

サブコンテンツ

IPOデータ

【2019年のIPO戦績】
90戦 77勝12負1分 (勝率85.6%)
▼2018年のIPO上場結果表
95戦 80勝14負1分 (勝率84.2%)
▼IPOスケジュール
トレーダーズ・プレミアム
銘柄分析・初値予想などIPO情報に強い!

未来のIPO株を持てる可能性

FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNO(ファンディーノ)でエンジェル投資家となって未来のIPO株を買おう!Amazonギフト券が貰えるキャンペーン中!


ユニコーン

Unicorn(ユニコーン)

第2号案件が登場!5年内上場を目指す!特許取得のシニアベンチャー!

株主優待情報

・次回の株主優待権利日は?
権利日:2020年02月20日
権利付き日:2020年02月18日
逆日歩日数:1日
・優待内容簡易チェック
完全版で調べる

オススメ証券会社(抜粋)

掲載証券会社の中から少しだけ紹介
郵政グループIPOでは3銘柄全て当選!主幹事にもなる穴場証券。2016年も主幹事案件豊富で絶好調
2017年度 みんなの株式 ネット証券ランキング手数料部門【第1位(5年連続)】2017年IPO取扱開始!
使いやすい取引画面と、格安手数料。株主優待クロス取引にオススメ
ネット証券最大の口座数。手数料争いも常に最低レベル。基本口座に最適。IPOポイント制あり。
手数料業界最安水準!取引ツールもFXで培った使いやすさ。さらにIPOも取り扱い!
常に顧客にとって満足の行くサービスを率先して行う。IPOは平等抽選。株主優待にもオススメ
比べて分かる業界最安値水準の手数料、2015年上場のIPO引受率44.5%の実績
使いやすさが抜群の証券会社。IPOは完全平等など初心者・個人投資家に優しい
表にあまり表れない信用取引の金利コストなどかなり低コストで頑張っている。IPOは少ないが通常取引を安くするのに最適。特に信用取引に強い
トレーディングツール「マーケットスピード」が大人気、楽天で使えるポイントも貯まる。
⇒全証券会社一覧を見る

FX口座情報

FX口座まとめページ
スプレッド幅業界最狭水準!手数料で選ぶなら!1通貨単位から始められる
MT4業界最狭水準スプレッド、コスト重視派が認める約定力、シストレ口座に。
黒澤がFX会社で最初に口座開設をしたところ。初心者が始めるのに分かりやすさでオススメ。
取引ツールの使いやすさNo.1。完璧な約定とスリッページなしで大切な機会を逃さない
楽しい食べ物系キャンペーンが人気の口座。もちろんその他のサービス面も優れているが、やはりキャンペーンにハマる!
⇒全掲載サービス一覧を見る

アーカイブ

プロフィール

黒澤女神像IPOやFX、その他お得な情報などを書いていこうと思います。みんなが見やすいようなブログつくりを目指します。
写真は「黄金の女神像」毎日見ればいいことあるかも?

黒澤の雑誌掲載

稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)
稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)

新興株の評価に参加しました。

【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)
【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)

複数のトレーダーの集計でのランキング、テーマ別で見やすいです。

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]

IPO参考サイトとしてフィスコと並んで掲載されました。

黒澤のIPO当選履歴

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。
2020年 当選銘柄:1銘柄
2020年度、差益-220,000円
2019年 当選銘柄:16銘柄
2019年度、差益+809,000円
2018年 当選銘柄:25銘柄
2018年度、差益+2,099,700円

※ 差益は取引手数料を考慮していません。
※ 全て初値売りをしたシミュレーションです。裁量配分等、抽選と違う方法で入手した結果は掲載しておりません。

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。

アーカイブ

このページの先頭へ