ユニコーン(Unicorn)第4号案件はIoTゲームチェンジャーの「Palette IoT」

Unicorn(ユニコーン) の4号案件が5月に登場します。3月に予定していた3号案件が4月募集となったためペースアップしたように思えますが、良いスケジュール感で募集が進んでいますね。

※5月登場予定でしたが、6月に募集開始となりました。6月2日18時開始になります!

ユニコーン

あまりペースが早いと一つづつの案件に対してチェックが追いつきませんが、ちょうどIPOなども少なくなっていて新規投資する対象に関しては時間をかけてみることが出来ます。Unicorn(ユニコーン) の案件はいつも面白いと思っているので今回も紹介します。

paletteiot

「IoT(もののインターネット)」のキーワードが注目を集めてから長い期間が経っていますが、それほど身近に感じない状態なのは「大手が独占」「高価格」ということで、中小企業が簡単に導入しづらいという状況があるようです。

そこでベンチャー気質な企業が「低価格」で「専門の導入プレイヤー」を投入することでゲームチェンジを目指しています。

低価格と言っても技術的な汎用性の高さが強みに見えます。

paletteiot_tech

センサは40種類、通信基盤は5種類搭載することでハードウェア的には多くの用途をカバーできますし、Azureベースのデータベースに格納して、独自のアプリケーションやAPI利用で他社アプリケーションでの活用も可能です。

強みの一つとして挙げられているのが「調達能力」で中国系の社員が中国からの流通を抑えているとのことです。中国との物流関係は新型コロナウィルスの影響を受けてどうなっているのかわかりませんが、少なくとも小型の通信デバイスで「価格面」「生産能力」を考えると、中国が圧倒的なのは理解できます。

日本人としては国内生産も頑張って欲しいと思っていますが、物理的に勝てないと思うので、ここはうまく活用されて欲しいですね。

またベンチャースタイルを活かして導入コストとスピードが大手に比べて強みと言えるでしょう。

上場企業や地元系のVCからも出資を受けているので安心感もありますね。実は私も関西圏に住んでいるので「株式会社momo」はイメージしやすく、地元企業応援の意味も込めてここは出資したいと思っています。

ユニコーン

IoTを様々な分野の小さな企業に簡単に導入できて、スピード感ある進化が目指せるならまだまだ成長余地があるというイメージです。

特にIoT化されていないと感じる部分が中小企業においてたくさんあります。導入実績が増えてくると、大手も自社でやるのではなくてPalette IoTにIoT化を任せるという事例も増えるかも知れません。

ビジネスモデルは「プロダクト販売」と「サブスクリプション」とフロー、ストック両方を抑えているのも押しの要素と言えそうです。

先々は同じようなことをしているベンチャーや大手との導入競争、価格競争かも知れませんが、現時点では伸びていく環境だと感じますし、スタートアップ的な投資先としては魅力を感じます。

株主優待制度

Unicorn(ユニコーン)で出てくる案件には株主優待制度があるのか?が定番になっていますね。今回も株主優待制度を用意しています。

paletteiot_yutai

対象は毎年2月末に株主になっていることということで、今回投資してから最初の優待時期は先にはなります。取引先の農家の生産物ということです。

恐らく研究開発を実証実験している日本農業株式会社(箕面市)さんの提供物かも知れません。

MomoのIoTで店舗がメディアになる

PRtimesにも載っていますが、野菜の現物か?スープなど商品化されたものになるかも知れませんね。

なお、1回だけですがコーヒー豆が届くようです。ただ、豆が来るなら焙煎とか挽いてないと困るので、写真掲載のパックが来てもどうしようとなるかも知れませんね。コーヒー屋さんに持っていってドリップ用にしてもらうしかないでしょうか?

ユニコーン

やはりベンチャー企業への投資といったときに「ネット系」というのはリスク承知でも面白そうと思える案件が多いですね。

募集要項

目標募集額/株数 75,000,000円/600株
上限募集額/株数 86,000,000円/688株
募集価格 1株当たり125,000円
申込単位 1株

最低申込金額/株数 125,000円/1株
上限申込金額/株数 500,000円/4株

目標が600株なので600人申し込めば埋まることになります。恐らくですが、今の株式投資型クラウドファンディングの人気を見ているとすぐに埋まるのではないでしょうか?私も申し込み開始直後に申込予定で行こうと思っています。

unicorn_202005cp1

Unicorn(ユニコーン) は現在新しいキャンペーンを実施中です。今までは投資家登録で1,000円でしたが、今回は募集申し込み1回以上まで行けばアマゾンギフト券3000円分ですね。

今回の4号案件が気になる方には、ちょうどいいチャンス時期と言えそうです。私はすでに会員なので4号案件申し込んでもアマゾンギフト券貰えませんが、4号案件は期待しています。

ユニコーン

IPOも復活し始めて、こういった新規ベンチャーへの投資が再び活気づいていくのは良いことだと思います。

IPO取扱銘柄数業界トップ水準、ダイレクト口座信用取引は取引手数料無料!

株取引キャンペーン実施中!うまく活用しよう!

コメントを残す

サブコンテンツ

IPOデータ

【2021年のIPO戦績】
0戦 0勝0負0分 (勝率0.0%)
▼2020年のIPO上場結果表
94戦 70勝23負1分 (勝率74.5%)
▼IPOスケジュール
トレーダーズ・プレミアム
銘柄分析・初値予想などIPO情報に強い!

未来のIPO株を持てる可能性

コラボキャンペーン!
FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNO(ファンディーノ)でエンジェル投資家となって未来のIPO株を買おう!投資家登録でアマゾンギフト1,000円分プレゼント!


イークラウド

イークラウド

投資家登録でアマゾンギフト1,000円分プレゼント! 大和証券グループと連携の株式投資型クラウドファンディングサービス


紹介キャンペーン実施中!


株式投資型クラウドファンディング(ECF)リスト

株主優待情報

・次回の株主優待権利日は?
権利日:2021年01月20日
権利付き日:2021年01月18日
逆日歩日数:1日
・優待内容簡易チェック
完全版で調べる

オススメ証券会社(抜粋)

掲載証券会社の中から少しだけ紹介
郵政グループIPOでは3銘柄全て当選!主幹事にもなる穴場証券。2016年も主幹事案件豊富で絶好調
2017年度 みんなの株式 ネット証券ランキング手数料部門【第1位(5年連続)】2017年IPO取扱開始!
使いやすい取引画面と、格安手数料。株主優待クロス取引にオススメ
ネット証券最大の口座数。手数料争いも常に最低レベル。基本口座に最適。IPOポイント制あり。
手数料業界最安水準!取引ツールもFXで培った使いやすさ。さらにIPOも取り扱い!
使いやすさが抜群の証券会社。IPOは完全平等など初心者・個人投資家に優しい
表にあまり表れない信用取引の金利コストなどかなり低コストで頑張っている。IPOは少ないが通常取引を安くするのに最適。特に信用取引に強い
トレーディングツール「マーケットスピード」が大人気、楽天で使えるポイントも貯まる。
⇒全証券会社一覧を見る

FX口座情報

FX口座まとめページ
FXTF MT4で高次元のトレードが可能。多数の「オリジナルインディケータ」を搭載。
MT4業界最狭水準スプレッド、コスト重視派が認める約定力、シストレ口座に。
取引ツールの使いやすさNo.1。完璧な約定とスリッページなしで大切な機会を逃さない
楽しい食べ物系キャンペーンが人気の口座。もちろんその他のサービス面も優れているが、やはりキャンペーンにハマる!
⇒全掲載サービス一覧を見る

アーカイブ

プロフィール

黒澤女神像IPOやFX、その他お得な情報などを書いていこうと思います。みんなが見やすいようなブログつくりを目指します。
写真は「黄金の女神像」毎日見ればいいことあるかも?

黒澤の雑誌掲載

稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)
稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)

新興株の評価に参加しました。

【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)
【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)

複数のトレーダーの集計でのランキング、テーマ別で見やすいです。

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]

IPO参考サイトとしてフィスコと並んで掲載されました。

黒澤のIPO当選履歴

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。
2021年 当選銘柄:0銘柄
2021年度、差益0円
2020年 当選銘柄:17銘柄
2020年度、差益+2,389,000円
2019年 当選銘柄:16銘柄
2019年度、差益+809,000円

※ 差益は取引手数料を考慮していません。
※ 全て初値売りをしたシミュレーションです。裁量配分等、抽選と違う方法で入手した結果は掲載しておりません。

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。

アーカイブ

このページの先頭へ