ユニコーン6号案件は国産SNS動画サイト「F@nTV」、新しい放送スタイル

Unicorn(ユニコーン) の6号案件の登場です。4号、5号とちょっと募集額が大きく案件不成立が続いていますので、巻き返しの案件としたいところでしょうか?

株式投資型クラウドファンディング事業は新しい業者としてイークラウドが登場、FUNDINNO(ファンディーノ)も引き続き多数の案件を出していますので、ますます競争は激しくなりそうです。

業界発展のために良い案件をタイムリーに出して欲しいですね。私達はたくさんの案件の中から選りすぐんで投資できるので、環境はどんどん良くなっていくと思います。

ユニコーン

6号案件は動画系事業です。国産のYoutubeと言った感じで、Youtubeの自由なところを少し芸能時事務所的な管理部分を増やしてインターネットTV局といったものを実現しようとしています。

fantv

YoutubeとAmebaTVの良いところどりを目指していそうです。動画サイトのプラットフォーム事業は多額の経費がかかると聞きます。攻めるのは良いと思いますが、果たしていいとこ取りがうまくいくか?というのが焦点な気がします。

世界中の有名人とファンが作る!本当にファンが喜ぶ番組配信をする「F@nTV」

募集要項です。

目標募集額/株数 30,000,000円/7,500株
上限募集額/株数 75,000,000円/18,750株
募集価格 1株当たり4,000円
申込単位 25株
最低申込金額/株数 100,000円/25株
上限申込金額/株数 500,000円/125株

目立つのは目標募集額と上限募集額の差でしょうか?ここ最近の2案件は目標金額に集まらずに不成立となっていますので、さすがに目標金額を下げてきている印象です。個人的にも少し強気すぎる内容が続いたと思っています。

とにかくまずは成立して出資先がどう活躍するのか?実績を作っていくフェーズだと思います。うまく行けばFUNDINNO(ファンディーノ)のように2回目募集などすればいいと思いますので、最初は控えめに進めて欲しいところです。

ユニコーン

4号、5号の状況を見ていると、やはり不成立というのは冷めた印象を与えてしまいます。投資というのは熱量もなんとなくないとお金は集まらないと感じてしまいますね。

F@nTVのビジネスモデル

ビジネスモデルとしては広告収入の他、番組制作のクラウドファンディング、運営収入と3つ挙げています。

chart

特に優位と考えているのがTVなどで面白いコンテンツが作れないと嘆いている方たちを最近はYoutubeなどに流れていって番組を作っていますが、そのYoutubeではなく別プラットフォームを作ることでYoutubeの中抜き部分を、「F@nTV」が支配しようという戦略だと思います。

真のコンテンツの良さがなければ流行らないと思いますので、その辺りは放送分野の実力の真価が問われると思いますので、やろうとしていることは面白いと思います。ただ、私はあまりTVとか芸能人とか、インフルエンサーとか興味がないので、この分野には疎いです・・・。

fantv81

すでにサービスホームページがありますので、どんな番組があるのかチェックしてみて面白そうと思えば投資して見る形でも良いかも知れません。

Unicorn(ユニコーン) おなじみの株主優待制度ももちろんあります。

  • 「番組収録現場見学会(オンライン収録含む)」への参加
  • 「新番組企画会議」への参加
  • 「メディア作家オンラインスクール」の無料受講(125株保有~)
  • 「番組ゲスト出演」(125株保有~)

4つもあって盛り沢山です。125株は50万です。特にメディア作成などに興味がある方は「メディア作家オンラインスクール(30万相当)」なんかは面白いですね。投資しながら学べるという点が優れていると感じます。

Unicorn(ユニコーン)は現在、案件投資で3000円のアマゾンギフト券が貰えるキャンペーンを実施中です。案件の出てくるペースが速まっていますが、キャンペーン期間は案件申込みが8月末までですので、これと後2回ぐらいの案件で達成しないと貰えないですね。

unicorn_cp202006

キャンペーンを実施している株式投資型クラウドファンディングは現在のところUnicorn(ユニコーン)のみとなっています。案件が気になる方はチャンスの時期と合致していますのでキャンペーンがある内に投資できたほうがラッキーですね。

ユニコーン

インターネットTV局は、恐らくこれからどんどん流行ると思っています。別にTV局の番組じゃなくても、いい番組(みたい番組)が見られるのなら、そちらを見るでしょう。

そろそろTVの時代もYoutubeであったりVOD系、独自インターネットチャンネルに変化しつつありますので、視聴者と放送作家が一緒に見たい番組を作っていく放送スタイルも面白いのではと思いますね。

Unicorn(ユニコーン) が新規会員登録キャンペーン!アマゾンギフト1,000円分プレゼント!
さらに限定キャンペーンコードで500円分追加!合計1,500円に!
ユニコーン
キャンペーンコードは「unicorn9」をキャンペーンコード入力フォームに記入!
Unicorn(ユニコーン)が秋の新規会員登録キャンペーンを開始!

コメントを残す

サブコンテンツ

IPOデータ

【2020年のIPO戦績】
47戦 27勝19負1分 (勝率57.4%)
▼2019年のIPO上場結果表
90戦 77勝12負1分 (勝率85.6%)
▼IPOスケジュール
トレーダーズ・プレミアム
銘柄分析・初値予想などIPO情報に強い!

未来のIPO株を持てる可能性

秋の新規会員登録キャンペーン! アマゾンギフト1,000円分プレゼント!さらに限定で+500円分


FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNO(ファンディーノ)でエンジェル投資家となって未来のIPO株を買おう!


イークラウド

イークラウド

大和証券グループと連携の株式投資型クラウドファンディングサービス

株主優待情報

・次回の株主優待権利日は?
権利日:2020年09月30日
権利付き日:2020年09月28日
逆日歩日数:1日
・優待内容簡易チェック
完全版で調べる

オススメ証券会社(抜粋)

掲載証券会社の中から少しだけ紹介
郵政グループIPOでは3銘柄全て当選!主幹事にもなる穴場証券。2016年も主幹事案件豊富で絶好調
2017年度 みんなの株式 ネット証券ランキング手数料部門【第1位(5年連続)】2017年IPO取扱開始!
使いやすい取引画面と、格安手数料。株主優待クロス取引にオススメ
ネット証券最大の口座数。手数料争いも常に最低レベル。基本口座に最適。IPOポイント制あり。
手数料業界最安水準!取引ツールもFXで培った使いやすさ。さらにIPOも取り扱い!
常に顧客にとって満足の行くサービスを率先して行う。IPOは平等抽選。株主優待にもオススメ
比べて分かる業界最安値水準の手数料、2015年上場のIPO引受率44.5%の実績
使いやすさが抜群の証券会社。IPOは完全平等など初心者・個人投資家に優しい
表にあまり表れない信用取引の金利コストなどかなり低コストで頑張っている。IPOは少ないが通常取引を安くするのに最適。特に信用取引に強い
トレーディングツール「マーケットスピード」が大人気、楽天で使えるポイントも貯まる。
⇒全証券会社一覧を見る

FX口座情報

FX口座まとめページ
FXTF MT4で高次元のトレードが可能。多数の「オリジナルインディケータ」を搭載。
MT4業界最狭水準スプレッド、コスト重視派が認める約定力、シストレ口座に。
取引ツールの使いやすさNo.1。完璧な約定とスリッページなしで大切な機会を逃さない
楽しい食べ物系キャンペーンが人気の口座。もちろんその他のサービス面も優れているが、やはりキャンペーンにハマる!
⇒全掲載サービス一覧を見る

アーカイブ

プロフィール

黒澤女神像IPOやFX、その他お得な情報などを書いていこうと思います。みんなが見やすいようなブログつくりを目指します。
写真は「黄金の女神像」毎日見ればいいことあるかも?

黒澤の雑誌掲載

稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)
稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)

新興株の評価に参加しました。

【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)
【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)

複数のトレーダーの集計でのランキング、テーマ別で見やすいです。

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]

IPO参考サイトとしてフィスコと並んで掲載されました。

黒澤のIPO当選履歴

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。
2020年 当選銘柄:8銘柄
2020年度、差益+190,400円
2019年 当選銘柄:16銘柄
2019年度、差益+809,000円
2018年 当選銘柄:25銘柄
2018年度、差益+2,099,700円

※ 差益は取引手数料を考慮していません。
※ 全て初値売りをしたシミュレーションです。裁量配分等、抽選と違う方法で入手した結果は掲載しておりません。

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。

アーカイブ

このページの先頭へ