「クレジットカード」の記事一覧

クレジットカード積立投信購入でポイント還元!現在のお得の中心をおさらい

2022年になって複数の証券会社とクレジットカードが参戦してお得になっている、クレジットカードで積立投信購入によりポイント還元サービスをおさらいしたいと思います。 【投資でポイント還元】積立投信でクレジットカード払い出来る証券会社xクレジットカードまとめ まだこのサービスを利用していないという方は、ただクレジットカード購入を通すだけでポイント還元が貰えちゃうという、普通に投資信託を積立で・・・

SBI証券x三井住友カードのクレジット決済積立投信ノーマルorゴールド?

お得な投資のトレンドの一つとして「クレジットカード決済による積立投信」を紹介していますが、その中でもSBI証券はカード券種によってクレジットカード還元率が異なります。 SBI証券x三井住友カードのクレジット決済で投資信託の積立可能に!Vポイントが貯まる! 具体的には プラチナカードレベル(2.0%) ゴールドカードレベル(1.0%) ノーマルカードレベル(0.5%)・・・

楽天証券の投信積立設定をクレジットカード決済から楽天キャッシュ決済に変更!

2022年6月19日から楽天証券にて楽天キャッシュによる積立投信購入サービスへの切り替えが始まりました。投信のページを開くと案内が表示されるようになっています。 私はもろに0.2%ポイント還元にされてしまうので、とりあえず楽天キャッシュ決済に変更です。これで2022年末までは1%還元が継続されます(それ以降は0.5%還元)。 一通り変更の手順を行いましたので紹介します。 「変更に進む・・・

令和4年の新年度の注目投資は?クレジットカード積立投信購入か?

4月から新年度が始まり新社会人になったり、職場が変わったりなどいろいろ新しいことが始まる季節ですね。4月中旬で1~2週間が過ぎてようやく新しい環境に慣れ始める頃でしょうか? このサイトも2007年頃から始めており、かれこれ15年ぐらい続けていますが、その中で流行りの投資は、変わったものもあり、変わらないもの、波があるものいろいろですね。 そんな中で2022年(令和4年)の注目投資の一つはやはり・・・

au PAYカード到着!積立投信クレジットカード購入の準備と新規キャンペーン適用

先日スタート開始を発表した「auカブコム証券のクレジットカードを利用した積立投信購入サービス」に向けてauPAYカードを新たに作成しました。 【auカブコム証券xauPAYカード】投資信託積立サービス開始!最大5%還元も! これで準備バッチリです。一先ずは4社の積立投信クレジットカード決済を継続実行したいと思っています。auカブコム証券は最大5%還元まで可能性がありますが、まずは1%還元で・・・

過熱するクレジットカードを利用した積立投信購入サービス!現状は?

2022年2月にマネックス証券がサービス開始、そしてauカブコム証券が3月にサービスを開始すると発表。一気に2社が「クレジットカードによる積立投信購入サービス」を始めることになり、この分野でのサービス競争が過熱しています。 現状での状況を少しまとめたいと思います。 【投資でポイント還元】積立投信でクレジットカード払い出来る証券会社xクレジットカードまとめ まず大前提ですが、「クレジットカ・・・

三井住友カード(NL)の新規入会キャンペーンが最大8,000円プレゼント!

三井住友カード(NL)の新規入会時のキャンペーンは4半期ごとに設定を変えてきていますね。2021年12月~2022年4月は最大8,000円相当と額が大きくなっています。 三井住友カード(NL)ですと、丁度期間中に50,000円程度の買い物をすれば最大7,000円相当のポイントが貰えるので、新規入会時のキャンペーンを最大限活かすことが出来ます。 SBI証券x三井住友カードのクレジット決済・・・

マネックスカードによる投信積立の開始時期は翌年1月以降予定

流行りのクレジットカードによる投信積立投資情勢ですが、マネックス証券がサービス開始時期に関してリリースを出しました。10月末頃に何か発表がありそうな状況でしたが、一応リリース開始日を発表した事になります。 2022年1月以降と出ました。今年中には間に合わないけど年明けにはスタートさせたいイメージですね。またポイント付与は予定通り1%を目指していそうです。 クレジットカードで積立投信が買える・・・

SBI証券x三井住友カードのクレジットカード積立投信がスタート!スタートダッシュキャンペーンで還元率3倍!

「SBI証券x三井住友カード」の組み合わせのクレカ投信積立サービスの初約定が行われました。いよいよサービスが8月から実際に約定レベルでスタートしています。 私は「eMAXIS Slim国内債券インデックス」でリスク低く進めていきます。スタートダッシュで6回の約定まではポイント還元が3倍になります! SBI証券x三井住友カードのクレジット決済で投資信託の積立可能に!Vポイントが貯まる! ・・・

SBI証券x三井住友カードのクレカ積立サービススタート!スタートダッシュキャンペーンに乗ろう!

「SBI証券x三井住友カード」の組み合わせのクレカ投信積立サービスがいよいよ2021年6月30日からスタートです。すでに口座とクレカの準備が出来ている方は設定などできるようになっています。 SBI証券x三井住友カードのクレジット決済で投資信託の積立可能に!Vポイントが貯まる! 私は準備完了していましたので、早速クレカと投信積立の設定を完了させました。その方法も上記の記事に追記しています。・・・
サブコンテンツ

IPOデータ

【2022年のIPO戦績】
46戦 34勝12負0分 (勝率73.9%)
▼2021年のIPO上場結果表
126戦 104勝20負2分 (勝率82.5%)
IPOスケジュールを詳しく見る

株主優待情報

・次回の株主優待権利日は?
権利日:2022年09月30日
権利付き日:2022年09月28日
逆日歩日数:3日
・優待内容簡易チェック
完全版で調べる

未来のIPO株を持てる可能性

特別企画キャンペーン!
FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNO(ファンディーノ)でエンジェル投資家となって未来のIPO株を買おう!投資家登録でアマゾンギフト1,000円分プレゼント!


イークラウド

イークラウド

大和証券グループと連携の株式投資型クラウドファンディングサービス。


Unicorn(ユニコーン)

ユニコーン

案件には全て株主優待が付くなど、投資家向けに優しいECF。


株式投資型クラウドファンディング(ECF)リスト

オススメ証券会社(抜粋)

掲載証券会社の中から少しだけ紹介
2017年度 みんなの株式 ネット証券ランキング手数料部門【第1位(5年連続)】2017年IPO取扱開始!
使いやすい取引画面と、格安手数料。株主優待クロス取引にオススメ
手数料業界最安水準!取引ツールもFXで培った使いやすさ。さらにIPOも取り扱い!
使いやすさが抜群の証券会社。IPOは完全平等など初心者・個人投資家に優しい
トレーディングツール「マーケットスピード」が大人気、楽天で使えるポイントも貯まる。
国内株式個人取引シェアNo.1。手数料争いも常に最低レベル。基本口座に最適。IPOポイント制あり。
⇒全証券会社一覧を見る

FX口座情報

FX口座まとめページ
FXTF MT4で高次元のトレードが可能。多数の「オリジナルインディケータ」を搭載。
MT4業界最狭水準スプレッド、コスト重視派が認める約定力、シストレ口座に。
取引ツールの使いやすさNo.1。完璧な約定とスリッページなしで大切な機会を逃さない
楽しい食べ物系キャンペーンが人気の口座。もちろんその他のサービス面も優れているが、やはりキャンペーンにハマる!
⇒全掲載サービス一覧を見る

アーカイブ

プロフィール

黒澤女神像IPOやFX、その他お得な情報などを書いていこうと思います。みんなが見やすいようなブログつくりを目指します。
写真は「黄金の女神像」毎日見ればいいことあるかも?

黒澤の雑誌掲載

稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)
稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)

新興株の評価に参加しました。

【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)
【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)

複数のトレーダーの集計でのランキング、テーマ別で見やすいです。

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]

IPO参考サイトとしてフィスコと並んで掲載されました。

黒澤のIPO当選履歴

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。
2022年 当選銘柄:7銘柄
【5031 モイ 】
SBI証券 (1枚)
+43,200円
2022年度、差益+279,600円
2021年 当選銘柄:19銘柄
【4178 Sharing 】
SBI証券 (3枚)
+540,000円
2021年度、差益+901,400円

※ 差益は取引手数料を考慮していません。
※ 全て初値売りをしたシミュレーションです。裁量配分等、抽選と違う方法で入手した結果は掲載しておりません。

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。

アーカイブ

このページの先頭へ