IPOが当選しないのは普通、我慢と継続が結果を生む

最近のIPO人気の高まりは嬉しいのですが、それに伴って厳しくなっているのがIPOの公募当選です。

近頃は申し込む人が増加したため、大型株以外のIPO当選率は確実に下がっていると思います。

iporekishi

【IPOサマリー】2001年以降のIPO情報を一覧、グラフ表示

私は自身のIPOの抽選結果の戦績として2007年から情報を載せていますが、実質はもう少し前からIPOなどを含めて投資に参加していました。サイト上でもすでに10年で、振り返ると結構歴戦の古株としみじみと感じます。

だからこそ、言えることなのですが「IPOにも波があるので、今は当選が厳しい時期」といえます。上記グラフを見るとIPOにも波があることが分かります。

分類すると

1.IPO閑散期(相場も厳しい)
2.IPO回復期
3.IPO好調期
4.IPO後退期

の4つを繰り返します。今は「3.IPO好調期」に近いでしょう。このIPO好調期というのはIPO参加者も多く注目度も高いので、IPO当選は難しくなります。ただし、IPOで利益を出すことは確率が高い時期です。

IPO公募当選初値売りだけを考えると、一番良いのは「2.IPO回復期」です。上記グラフだと2013年あたりがいい時期ですね。それまでは閑散期ですので、IPO参加者が少ない割に利益が出しやすい時期です。

残念ながら「2.IPO回復期」は過ぎてしまったので、次の回復期が来るまでには他の3つの状況を経てからとなります。これを考えても「我慢と継続が結果を生む」というのが理解できると思います。

「じゃあ、私たちはどうしたら良いのか?」

というとIPOに関してはあまり深く考えずに「我慢と継続」を心がけるだけです。どちらかと言うと淡々と準備して繰り返すことが出来る人がIPO投資に向いています。

IPO(新規公開株)でより多く当選するコツ

その上で、いろいろな投資法にアンテナを向けておき、別の方法でうねりを付けるのをオススメします。今ですとフィンテックなどが話題ですが、そういった新しい分野では「エッジ」が起きやすくまだ見つかっていない収益のチャンスも多くあります。

IPOが当たらなくなってきているのは事実ですが、それでも淡々と出来ることを進めていくことで出る結果に満足することが上手に立ち回れる秘訣です。

IPO当選のために是非持っておきたいネット証券会社

ライブスター証券

新しいところではライブスター証券が新規出始めたので、狙い目かもしれません。私は手数料が安いので普通に使っている証券会社です。

関連しそうな記事

16 Responses to “IPOが当選しないのは普通、我慢と継続が結果を生む”

  1. ottotto より:

    流石と唸らせられるような素晴らしいiデータに感謝です。
    私もかれこれ8年のIPO歴となりますが、
    この一、二年はネット抽選競争の激化を感じておりますが、
    抽選参加の基本はまさに継続は力なりですかね。
    今年は抽選参加に加えてめぼしを付けたIPOの
    セカンダリーにも挑戦したいと考えています。
    5月のGWまでの前半戦、プラチナ、話題、大型IPOの
    発表を期待しております。

    • 黒澤 より:

      返信遅れました。

      私は裁量に関しては、殆ど書いていません。
      多くのサラリーマンにとって、裁量は本業を圧迫すると思っています。

      抽選IPOはここ1~2年は厳しいですが、大きな波も見ながら気軽に参加しましょう。
      波の影響を回避するにはIPO以外の投資もちょこちょこ取り組むほうが良いと思っています。
      景況感が悪くなれば、IPOで儲けた利益を割安になったものにつぎ込むことも出来ますね。

  2. より:

    こんばんは。マネックスは1票制で完全公平抽選なので当たりやすいとよく書かれていますが、ここ2年程はマネックス、日興、野村(野村ネットも含む)、高木の4社が一番当たりにくい証券会社です。
    あまり、幹事にはなりませんが、私はふくおか証券が一番当たり安い証券会社だと思いますがいかがでしょうか?ちなみに福岡に住んでいて店頭取引でIPOをしかしてませんが、幹事になった時結構当選していますよ。

    • 黒澤 より:

      地域で店頭取引が出来る証券会社があれば、もちろん貰いやすいと思います。
      一方、ネットで申し込めるものは全国的に分散されますので、参加回数が多い分、全然当たらないと感じる事が多いと思います。

      ですので、人によってある程度感じ方も違うし、戦略も変えていく必要はあると思っています。
      その中で、万人に対策として出来ることを紹介していきたいところですね。

  3. IPOよく当たった人 より:

    一昨年までネットで申し込みしていましたが、3年程前からさっぱり当選しなくなり、IPOに費やす時間と労力を考えたら無駄だと思うようになりました。
    昨年戦略を変えてネットで申し込むのをやめ、店頭を訪問し、ダイレクトから店頭に変更し担当者を付けてもらった所、数社からA級、S級のIPOのみ合計8銘柄、8単位当選させていただき、税引き後の利益が過去最高の600万円になりました。ただし、投資信託をIPOを当選させてもらう為、1回に付き300万円付き合い、合計2,400万購入しましたが十分元が取れました。当選する前は担当者から電話でIPOを申し込んでくださいとブックの始まる前から連絡があり、とても簡単に当選させていただきました。これほど簡単にプラチナIPOが手に入るとは思いませんでした。

  4. IPOよく当たった人より より:

    RPA主幹事以外からもう100株当選をさせていただきましたのは良いが、よほど人気がないのか、キュービーネットを3,000株付き合いで申し込みをさせられました。

    • 黒澤 より:

      裁量の連絡ありがとうございます。キュービーネットHDはどうでしょうかね。お付き合いでも捌けるのではと私は思っています。
      ただ、翌月末まで苦戦や、1年以上処分にかかることもあるので短期勝負の人は損が出ることもありそうですね。

  5. IPOよく当たった人より より:

    私は証券会社とはギブアンドテイクの関係が大切だと思います。
    IPOしか取引しないのにIPOは全然当選しないと証券会社を悪く言う人が多くいますが、それはおかしいと思います。私の考えでは例えばIPOを当選させてもらって40万円利益が出たら、付き合いで初めから公募割れ濃厚のボロIPOやPO、下がりそうな投信で付き合いをして30万円損失が出ても、初めから当選させてもらえないより、10万円利益があるのでそのほうが得と言う考え方です。それから証券会社にも大口で付き合わないとギブアンドテイクしない野〇、日〇、〇洋がありますので注意が必要です。特に〇洋証券は投信を購入しないと当選は難しい。500万ぐらい購入してくれたら何とかするいうような強引なセールスをするのと、1度小口で付き合ったにもかかわらず当選させてくれませんでしたから、そこでは2度と付き合いで購入しないようにしています。

    • 黒澤 より:

      私も店頭(担当者)とはギブアンドテイクは重要だと思います。IPOしか取引しないのに全然当選しないはそれは売る側もお断りでしょう。

      歳量に関しては損して得取れの精神でやっていますが、実は損の部分もなるべくおこさないようにぐらいの気持ちで付き合いしています。歳量に関しては人それぞれ違ってくるのでブログでは書かないようにしています。むしろもっとネットでの平等抽選が増えるべきだと思っています。そうなると初値高騰はなくなりますが、ちょっとしたディスカウントで多くの方に配られる方が上場銘柄にとっても良いことだと思っています。

      「ギブアンドテイク」しない会社。何となく分かる部分と担当によっても違うんだなと思う部分も(笑)。すべては人付き合いですよね。

  6. IPOよく当たった人 より:

    RPAは主幹事のSBIで資金を集中させ、さらに320ポイント使用しましたが、落選でした。今年に入って私以外の家族3人はネットだけで申し込んでますが、3人とも1度も当選してません。私もネット証券会社と少々の付き合いでは店頭で当選させてくれない証券会社(野〇、日〇)はネットから申し込んでいますが、今年、1度も当選してません。公募付近の初値予想は家族みんな基本的にスルーします。ネットからの申し込みは本当に当選しないですね。今年に入って当選したのは全部主幹事以外で店頭取引です。
    今年当選した銘柄(ブック終了前に当選も含む)は今の所、Mマート、神戸天然物化学、ファイバーゲート、RPAホールディングス、和心、日本リビング保証です。すべて100株です。付き合いで買わされてキュービーネットを除く。

    • 黒澤 より:

      情報ありがとうございます。抽選は厳しくなっていますね。
      個人的には裁量も絞っていかないと厳しくなっている印象も受けます。どこもかしこも付き合うほど、私も資金力ありませんので厳しいです(涙)

  7. IPOよく当たった人 より:

    先日付き合いで3,000株購入させられた、キュービーネット2,250円で3,000株売却出来ホットしました。手数料だけの損失でRPA100株当選させていただいてるので、十分利益出ると思います。PRAを当選させてくれるのなら、手数料を入れて30万円の損失は出ても仕方がない(PRAで40万は利益が出ると判断)と覚悟して付き合いました。毎回複数の証券会社の担当者とIPO当選のための駆け引きをしていますので、S級6銘柄、B級1銘柄今年に入り複数の証券会社の担当者から当選をいただいています。ほとんどの人はネットの運しか頼らず(せいぜい複数の証券会社の口座を増やし家族に協力してもらって口数を増やすと誰にでも簡単に出来ることしかしない)、当選する努力もせずに、全然当選しない、ぼろ株しか当選しない、プラチナは落選して当たり前とかと書き込んでいますね。落選ばかり続くと気分が落ち込みイヤになるでしょう??健康面でも良くないですよ。

    • 黒澤 より:

      私はネットは基本的に当たらないけど、当たることもある程度でみていて、それでも気軽にプラスになるのがIPOの良さだと思っています。そのため、健康面で良くないとは感じません。
      それよりも毎日電話で株取引や、商品購入を進められたり購入するほうがストレスが溜まるなぁと感じることが多いです。
      今はIPOが調子が良いので、店頭の営業マンのフックとして使われやすいですが、バーター的な関係があまり好きになれないのです。

      健康面で考えると某証券会社の営業があまりにひどくて、裁量配分をやめた証券会社もあるぐらいです。

  8. IPOよく当たった人 より:

    日興とS級(プラチナ)IPOの当選させてもらう交渉しましたが、またダメでした。A級ですら今までダメでした。やはり億単位でないと相手にされないのでしょうか?日興の攻略方法があれば教えて下さい。野村の日興は今まで何度か担当者が変わって、そのたびにいくら頑張ってもいままで相手にされず、冷たくあしらわれます。現在は男性の50代の課長でそれなりの力はあるはずです。

  9. IPOよく当たった人より より:

    今年のIPO前半戦(1月から4月)が終わりました。
    結果は私以外の家族5人(ネットと店頭の抽選のみ)は1銘柄も当選出来ませんでした。私もネットと店頭の抽選は全滅という異常事態でした。逆に店頭の担当者との駆け引きの裁量配分(当選)は予想外に好調でした。希望としては抽選枠を減らし、もっと裁量配分枠を増やしてほしいです。また年間、裁量当選回数がだいたい4~5回の証券会社がほとんどですが、これも増やしてほしいです。

コメントを残す

サブコンテンツ

IPOデータ

【2017年のIPO戦績】
94戦 84勝10負0分 (勝率89.4%)
▼2016年のIPO上場結果表
92戦 70勝21負1分 (勝率76.1%)
▼IPOスケジュール
トレーダーズ・プレミアム
銘柄分析・初値予想などIPO情報に強い!

株主優待情報

・次回の株主優待権利日は?
権利日:2018年05月15日
権利付き日:2018年05月10日
逆日歩日数:1日
・優待内容簡易チェック
完全版で調べる

オススメ証券会社(抜粋)

掲載証券会社の中から少しだけ紹介
郵政グループIPOでは3銘柄全て当選!主幹事にもなる穴場証券。2016年も主幹事案件豊富で絶好調
2017年度 みんなの株式 ネット証券ランキング手数料部門【第1位(5年連続)】2017年IPO取扱開始!
使いやすい取引画面と、格安手数料。株主優待クロス取引にオススメ
ネット証券最大の口座数。手数料争いも常に最低レベル。基本口座に最適。IPOポイント制あり。
三菱UFJグループのネット専業証券会社。ネットでの評価は常に上位。株主優待クロス取り引き必須口座
常に顧客にとって満足の行くサービスを率先して行う。IPOは平等抽選。株主優待にもオススメ
比べて分かる業界最安値水準の手数料、2015年上場のIPO引受率44.5%の実績
使いやすさが抜群の証券会社。IPOは完全平等など初心者・個人投資家に優しい
表にあまり表れない信用取引の金利コストなどかなり低コストで頑張っている。IPOは少ないが通常取引を安くするのに最適。特に信用取引に強い
トレーディングツール「マーケットスピード」が大人気、楽天で使えるポイントも貯まる。
⇒全証券会社一覧を見る

FX口座情報

FX口座まとめページ
スプレッド幅業界最狭水準!手数料で選ぶなら!1通貨単位から始められる
MT4業界最狭水準スプレッド、コスト重視派が認める約定力、シストレ口座に。
黒澤がFX会社で最初に口座開設をしたところ。初心者が始めるのに分かりやすさでオススメ。
取引ツールの使いやすさNo.1。完璧な約定とスリッページなしで大切な機会を逃さない
楽しい食べ物系キャンペーンが人気の口座。もちろんその他のサービス面も優れているが、やはりキャンペーンにハマる!
⇒全掲載サービス一覧を見る

アーカイブ

プロフィール

黒澤女神像IPOやFX、その他お得な情報などを書いていこうと思います。みんなが見やすいようなブログつくりを目指します。
写真は「黄金の女神像」毎日見ればいいことあるかも?

黒澤の雑誌掲載

稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)
稼ぐ人の株投資 億超えの方程式 9 (稼ぐ投資)

新興株の評価に参加しました。

【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)
【完全ガイドシリーズ145】 株主優待完全ガイド (100%ムックシリーズ)

複数のトレーダーの集計でのランキング、テーマ別で見やすいです。

BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]
BIG tomorrow (ビッグ・トゥモロウ) 2015年 02月号 [雑誌]

IPO参考サイトとしてフィスコと並んで掲載されました。

黒澤のIPO当選履歴

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。
2018年 当選銘柄:5銘柄
2018年度、差益+221,000円
2017年 当選銘柄:25銘柄
2017年度、差益+1,832,700円
2016年 当選銘柄:24銘柄
2016年度、差益+1,308,800円

※ 差益は取引手数料を考慮していません。
※ 全て初値売りをしたシミュレーションです。裁量配分等、抽選と違う方法で入手した結果は掲載しておりません。

【IPO・新規公開株】抽選配分当選履歴とその戦績
↑より詳しい過去の戦績はリンク先からどうぞ。

このページの先頭へ